Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

偽「メンテナンス」通知に注意 - 三井住友銀装うフィッシング

フィッシング対策協議会は、三井住友銀行を装い、クレジットカード情報の詐取を試みるフィッシング攻撃が確認されたとして、注意を呼びかけている。

今回確認された攻撃では、フィッシングメールで「Sumitomo Mitsui - メンテナンス」といった件名を使用。本文では、動作確認などと称して「ベリファイ」と書かれたボタンをクリックするよう求めていた。

同ボタンより誘導されるサイトでは、クレジットカード番号や有効期限、セキュリティコード、パスワードなどを入力させる。また本人認証などとして3Dセキュアの情報もだまし取ろうとしていた。

メールの本文では少なくとも3件のURLを利用しているが、転送後、最終的な誘導先は同一だった。いずれもURLに同行との関係を連想させる文字列を含んでいた。

1月17日13時の時点でフィッシングサイトの稼働が確認されており、同協議会では閉鎖へ向けて、JPCERTコーディネーションセンターに調査を依頼している。

(Security NEXT - 2019/01/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ウェブ上の電話番号に潜む危険 - 「Googleマップ」や「Wikipedia」経由で詐欺誘導
「Amazonプライム」の会員狙うフィッシング - ブランド名を誤るミスも
「第一暗証はワンタイムパスワードではございません」 - 三井住友銀かたるSMSに注意
「クレカ情報の漏洩や不正利用を確認できる」とだますフィッシング - 全銀協を偽装
エフセキュア、セキュリティゲートウェイに新版 - HTTPS検査に対応
偽「ヤマト運輸」の不在通知SMSが流通 - 他事業者でも警戒を
クレカ明細サービス装うフィッシング攻撃 - 「信頼性高めるため」などと本文中URLからのアクセス促す
「Yahoo!JAPANカード」の利用者狙うフィッシング - PW初期化案内を偽装
4段階ある凝った作りの偽Amazonサイト - クレカの本人認証ページまで用意
Gmailに差出人を空欄にできるバグ「Ghost Emails」 - フィッシング攻撃などで悪用のおそれ