Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ACCESSとIrdeto、車載向けサービスのセキュリティ対策で協業

ACCESSと蘭Irdetoは、車載データサービス向けのセキュリティ分野で協業すると発表した。

スマート家電など組み込み機器向けウェブブラウザや電子書籍ビューワを提供しているACCESSと、サイバーセキュリティソリューションを展開するIrdetoが、コネクテッドカーにおけるセキュリティ構築に向けて協業したもの。

今回の協業を通じてACCESSでは、自動車制御システムの複数のレイヤーにおいてサイバー攻撃や著作権侵害などを防止するソリューションを提供する。

具体的には、自動車に配信されるコンテンツや、車載システムにおけるネットワーク通信、テレマティクスエンジン制御ユニット(ECU)、車載インフォテインメントシステム(IVI)、路車間通信など保護を目指す。

機械学習を用いて脆弱性に対する攻撃で生じた自動車の異常な振る舞いを検知するIrdetoの技術などを活用。攻撃を受けても運転に影響を及ぼさない車載ソフトウェアの開発を目指す。

(Security NEXT - 2019/01/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

パナとトレンド、自動車分野のセキュリティで共同開発
STM、セキュリティモジュールを実装した車載用プロセッサ
「Metasploit」が車載機器などIoT機器の診断に対応
ルネサス、車載システム向けに仮想環境を提供 - セキュリティ対策パッケージも
日本ラッド、ルネサス製セキュアマイコンのミドルウェアを開発
DNP、車載システム向けにセキュリティ対策ソリューション
シマンテック、自動車のCANにおける異常通信を検知するソフト
ベリサーブ、「IoTセキュリティリスク分析支援ソリューション」を提供
文書処理課程を画像で記録するセキュリティシステム - ナカバヤシ
トレンドマイクロ、無料アップグレードキャンペーン開始