Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフトバンク、通信障害の事故報告書を総務省へ提出

12月6日にソフトバンクの携帯電話サービスで大規模な通信障害が発生した問題で、同社は電気通信事業法に基づき、総務省へ事故報告書を提出した。

問題となる障害は、12月6日13時半過ぎから同日18時過ぎにかけて約4時間半にわたり発生したもの。

ソフトバンクおよびワイモバイルの4G携帯電話サービスと、固定電話サービス「おうちのでんわ」などが影響を受けた。同社はEricsson製のパケット交換機が原因だったと説明している。

同省では、同社より受領した報告書の内容を精査。さらに1月中旬に予定されている「電気通信事故検証会議」の検証を踏まえた上で対応を決定するとしている。

(Security NEXT - 2018/12/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

就学支援金支給停止通知など書類の誤送付が発生 - 新潟県
個人情報を別業者へ誤通知、システム障害影響で - 九電
教育クラウドサービス「Classi」に不正アクセス - 全利用者のIDなど流出
市営住宅の入居者名簿が所在不明 - 大村市
NTT-AT、サイバー保険を付帯したセキュリティ対策ソフトを販売
国内SIEM市場が堅調に推移 - 2019年度は3割増見込む
駐輪場で個人情報含む書類を紛失 - 大阪市
IPAが「10大脅威2020」を発表 - 「内部不正」「IT基盤の障害」など順位上昇
ジャニーズ会員制サイトが復旧 - 原因は外部インフラ
図書館サイト停止、情報流出は否定 - 川崎市