Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフトバンク、通信障害の事故報告書を総務省へ提出

12月6日にソフトバンクの携帯電話サービスで大規模な通信障害が発生した問題で、同社は電気通信事業法に基づき、総務省へ事故報告書を提出した。

問題となる障害は、12月6日13時半過ぎから同日18時過ぎにかけて約4時間半にわたり発生したもの。

ソフトバンクおよびワイモバイルの4G携帯電話サービスと、固定電話サービス「おうちのでんわ」などが影響を受けた。同社はEricsson製のパケット交換機が原因だったと説明している。

同省では、同社より受領した報告書の内容を精査。さらに1月中旬に予定されている「電気通信事故検証会議」の検証を踏まえた上で対応を決定するとしている。

(Security NEXT - 2018/12/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

重要インフラ防護でサイバー演習 - 過去最大約5000人が参加
金沢大のメルアカ乗っ取り、個人情報流出のおそれも
教職員25人がフィッシング被害、障害通知偽装メールで - 金沢大
ランサムに感染、データ損害は確認されず - シミックグループ
ボランティア登録者宛のメールで送信ミス - 山口県
トレンド、SaaS型のメールセキュリティサービス - URLのサンドボックス解析に対応
オーガニック製品など扱う通販サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
トレンドら、制御システム向けのセキュアな無停止型エッジサーバを提供
大阪市でシステム障害、証明書など発行できず
クレカ利用情報を重複送信、デビカで二重引落としの可能性 - 京急百貨店