Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

戸籍謄本など不正入手、職員を懲戒免職 - 東京都

東京都は、第三者の戸籍謄本や住民票の写しなどを不正に入手したとして、福祉保健局の職員を懲戒免職とする処分を行った。

都によれば、児童相談センターに勤務していた職員が、4月4日から同月23日にかけて、職務上の必要がないにもかかわらず、児童相談センターの所長名義で文書を偽造。第三者の戸籍謄本や住民票の写しなどを不正に入手していたという。

同問題を受けて都では、同職員を12月7日付けで懲戒免職処分とした。また管理監督者である福祉保健局の副参事に対しても戒告などの処分を行っている。

(Security NEXT - 2018/12/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

マイナンバーカード盗難で職員3人を懲戒処分 - 横浜市
業務で入手した個人情報で電話した職員を処分 - 郡山市
取材データの誤送信で職員8人を懲戒処分 - NHK
個人情報含む私物USBメモリ紛失で中学教諭を懲戒処分 - さいたま市教委
個人情報含む書類の紛失や不適切処理で職員を処分 - 三重県
閲覧禁止の人事情報にアクセス、危機管理課職員を処分 - 龍ケ崎市
複数職員のアカウントで不正アクセスを行った職員を処分 - 多可町
個人情報含むHDD紛失で職員を処分 - 大阪の消防組合
マイナンバー業務で知った個人情報を不正利用、職員処分 - 横浜市
児童名簿紛失を報告しなかった校長らに対し懲戒処分 - 千葉市