Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

戸籍謄本など不正入手、職員を懲戒免職 - 東京都

東京都は、第三者の戸籍謄本や住民票の写しなどを不正に入手したとして、福祉保健局の職員を懲戒免職とする処分を行った。

都によれば、児童相談センターに勤務していた職員が、4月4日から同月23日にかけて、職務上の必要がないにもかかわらず、児童相談センターの所長名義で文書を偽造。第三者の戸籍謄本や住民票の写しなどを不正に入手していたという。

同問題を受けて都では、同職員を12月7日付けで懲戒免職処分とした。また管理監督者である福祉保健局の副参事に対しても戒告などの処分を行っている。

(Security NEXT - 2018/12/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

在宅業務のためUSBメモリを持ち出し紛失 - 岡山の小学校
孫のパスポート代理申請で個人情報を持ち出し - 熊本市
個人情報含む廃棄文書が散乱、裁断しなかった教諭を処分 - 大阪府教委
元研究員が卒業生名簿を議員事務所へ提供 - 愛媛大
業務データ持ち出し、教委職員を懲戒処分 - 美幌町
自宅で個人情報を保持して外部漏洩、職員を懲戒免職 - 弘前市
個人情報の持ち出しで職員を懲戒処分 - 糸魚川市
個人情報紛失で中学校教諭に戒告処分 - 福岡市
京大iPS研究所職員を懲戒解雇 - 機密情報持ち出しや盗撮で
個人情報含む書類持ち帰り紛失、事務遅れ隠す - 山形市