Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Yahoo!JAPANカード」の利用者狙うフィッシング - PW初期化案内を偽装

クレジットカード「Yahoo!JAPANカード」の利用者を狙ったフィッシングメールが出回っているとして、ヤフーが注意を呼びかけた。

問題のメールは、11月30日ごろより「緊急!パスワード初期化のご連絡」という件名で送信されているもの。フィッシングサイトへ誘導したり、個人情報を返信させようとしていた。

同社では、心当たりがないメール内のリンクはクリックしないよう注意を喚起。また「Yahoo!カード」などサービスにアクセスする際は、ブラウザのブックマークや検索サイトからアクセスするよう求めている。

(Security NEXT - 2018/12/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2019年1Qはインシデントが増加 - 「スキャン」「マルウェアサイト」など
フィッシングはURL、ブランドいずれも悪用増加 - iOSで構成変更させる手口も
ネット詐欺などの注意喚起情報でまとめページ - 消費者庁
2018年4Qのフィッシング攻撃は25%増 - 国内ホストは10月ピークに減少傾向
アダルトサイト有料会員狙う攻撃が拡大 - ダークウェブで売買されるアカウント
不正アクセスの検挙564件、目立つ脆弱PW狙い - ウイルス罪は68件
フィッシングサイトへ誘導されたユーザー、1年で2.5倍に
フィッシングが増加、報告数が8カ月ぶりに2000件超 - サイトの約半数はHTTPS対応
フィッシングに注意を促すポスターや画像素材を公開 - JCCAら
音声SIM入手のためにフィッシングで得た個人情報を利用か - NifMoが対策