Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

情報共有ツール「Confluence Server」にスクリプト注入の脆弱性

Atlassianの情報共有ツール「Confluence Server」にスクリプトインジェクションの脆弱性が含まれていることがわかった。

ユーザーマクロ機能においてスクリプトインジェクションが可能となる脆弱性が判明したもの。

システム管理者により、マクロエディタのマクロタイトルや、アイコンURLにスクリプトを入力することが可能で、閲覧者のブラウザ上で任意のスクリプトが実行されるおそれがある。

ただし、脆弱性が悪用できるのは、システム管理者に限定され、機密性や可用性などへの影響は少ないとし、脆弱性の重要度を「3(マイナー)」とレーティングしている。

同脆弱性は情報科学専門学校の西谷完太氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告したもので、JPCERTコーディネーションセンターが調整を実施。「同6.10.1」で修正されている。

(Security NEXT - 2018/10/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

11月のMS月例パッチ修正された脆弱性、中東のゼロデイ攻撃で悪用済み
【修正あり】MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - ゼロデイ脆弱性などに対処
「Adobe Acrobat/Reader」に脆弱性、実証コードが公開済 - 早急に更新を
「VMware vRealize Log Insight」に認証回避の脆弱性
「VMware ESXi」に深刻な脆弱性 - ホスト上でコード実行のおそれ
「Adobe Acrobat/Reader」に悪用リスク高い脆弱性 - 早期適用推奨のアップデートが13日に公開予定
「Adobe Flash Player」に情報漏洩の脆弱性 - 悪用は未確認
「WordPress」の人気eコマースプラグインに脆弱性 - 権限昇格のおそれ
「Chrome 70.0.3538.102」がリリース - セキュリティ関連の修正は3件
スマートコントラクト向けの脆弱性モニタリングサービス - NRIセキュア