Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

デジタルコンテンツ販売サイト「DLmarket」に不正アクセス - 顧客情報56万件が流出か

電子書籍や楽譜、イラスト素材などデジタルコンテンツのダウンロード販売サイトDLmarketが不正アクセスを受け、顧客情報が流出した可能性があることがわかった。

同サイトを運営するディー・エル・マーケットによれば、10月17日18時ごろサイトで異常を検知したため、サーバを調査したところ外部より不正アクセスを受けていたことが判明したという。

今回の不正アクセスにより、同サイトで会員登録をしている顧客56万1625人分の氏名やメールアドレス、会員IDなどが流出した可能性があるという。

同社では詳細について調査の準備を進めるとともに、対象となる顧客にメールで連絡を取っている。

(Security NEXT - 2018/10/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

バイク用品通販サイトに不正アクセス - クレカ情報が被害
人材派遣会社に不正アクセス - 情報流出の有無など調査中
教員メルアカ、スパム送信の踏み台に、メールの不正閲覧も - お茶の水女子大
石井スポーツ通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
フォトブックサービスに不正アクセス - クレカ情報約1.5万件が流出か
学生メルアカが乗っ取られスパム送信、情報流出の可能性も - 東北工業大
感染は「Emotet」亜種、メール経由で - 多摩北部医療センター
旧通販サイトでクレカ情報流出、原因は「Heartbleed」 - スイーツ通販サイト
熊本ワインの通販サイトで決済画面改ざん - クレカなど顧客情報流出の可能性
イオングループの金融サービスで不正ログイン、不正利用発生 - 電話番号改ざんして決済アプリ認証