Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Chrome 70」で脆弱性23件を解消

Chromeの開発チームは、「Windows」や「macOS」「Linux」向けに最新版となるブラウザ「Chrome 70」をリリースし、23件の脆弱性について修正した。

今回リリースした「同70.0.3538.67」では、機能強化やバグの修正、Chromeへのログインに関する対処など行われたほか、セキュリティに関しては23件の修正を実施したという。

今回修正された主要な脆弱性のうち、重要度「高(High)」とされるものは6件。

サンドボックスを回避されるおそれがある脆弱性「CVE-2018-17462」をはじめ、「V8 JavaScriptエンジン」においてリモートよりコードの実行が可能となる脆弱性「CVE-2018-17463」や、解放後のメモリを使用する「CVE-2018-17465」などを解消した。

またURLの偽装が可能となる「CVE-2018-17467」や、メモリ破壊の脆弱性「CVE-2018-17470」など、重要度「中(Medium)」の脆弱性8件へ対応したほか、「低(Low)」の脆弱性4件に対処したとしている。

(Security NEXT - 2018/10/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も
ゼロデイ攻撃への悪用目立つ「権限昇格の脆弱性」
複数「VPNアプリ」に「Cookie」窃取されるおそれ - 一部ベンダーは反論
研究者が最新版IEの脆弱性を指摘 - 修正予定なく、実証コードが公開へ
Oracle、四半期定例アップデートを公開 - 脆弱性297件を修正
「Java SE」最新版がリリース - 5件の脆弱性に対応
Windows向け「Apache Tomcat」にリモートよりコード実行のおそれ