Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SEO支援サービスに不正アクセス - アカウント情報流出の可能性

同社は不正アクセスによる影響の範囲など被害状況を把握するため、調査中であるとし、取材に対して不正アクセスを受けた原因など、明らかにしなかった。

また具体的な調査内容などは示していないが、同社においては「情報の閲覧、漏洩など、実際に外部に流出した事実は確認していない」と説明している。

今回の問題を受け、同社では不正アクセスを行ったIPアドレスからのアクセスを制限。全アカウントに2段階認証を導入するなど、対策を進めている。

(Security NEXT - 2018/10/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

事務用品通販サイトの顧客情報流出 - クレカ流出件数を修正
コインチェックのドメイン管理に不正アクセス - 改ざんで顧客メール窃取か
アンケートサイトで不正ログイン - ポイントの不正交換も
海外拠点経由の不正侵入で情報流出、内部横展開も - NTTコム
不正アクセスで個人情報流出か - 経団連事業サービス
2018年の通販サイト不正アクセスを公表 - 磁石専門店
アカウントが乗っ取り被害、フィッシング踏み台に - マウスコンピューター
「NarSuS」利用者情報約6万件の流出確認 - アイ・オー・データ
NAS管理サービスのテストサーバに不正アクセス - アイ・オー・データ
鳥取市の通販サイトに不正アクセス - 利用者情報が流出