Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「VMware ESXi」にDoS攻撃受けるおそれ、ホストや他VMにも影響 - パッチは未提供

「VMware ESXi」「VMware Workstation」「VMware Fusion」においてサービス拒否へ陥るおそれがある脆弱性が判明した。ゲストより悪用可能でホストに影響を及ぼすおそれがある。

これら製品における「3Dアクセラレーション機能」において無限ループが発生し、サービス拒否に陥るおそれがある脆弱性「CVE-2018-6977」が明らかとなったもの。重要度は4段階中2番目にあたる「重要(Important)」とレーティングされている。

ゲストVMより脆弱性を悪用することが可能。同じホスト上で動作する他仮想マシンやホストにも影響があり、サービス拒否が生じるおそれがあるという。

同脆弱性は「3Dアクセラレーション機能」を有効化している場合に影響を受ける。同機能は「ESXi」においてデフォルトでは「無効」だが、「Workstation」および「Fusion」では有効化されている。

同脆弱性に対するパッチは用意されておらず、同社では「3Dアクセラレーション機能」を無効化する緩和策を講じるよう利用者へ呼びかけている。

20181011_vm_001.jpg
影響を受ける製品(表:VMware)

(Security NEXT - 2018/10/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

スマートコントラクト向けの脆弱性モニタリングサービス - NRIセキュア
「WordPress」向けeラーニングシステム構築プラグインに複数脆弱性
「Adobe Acrobat/Reader」に悪用リスク高い脆弱性 - 早期適用推奨のアップデートが13日に公開予定
PowerDNSに複数脆弱性、アップデートで修正 - バグ判明で急遽再リリースも
Windows版「Evernote」にリモートよりコマンド実行が可能となる脆弱性
IoT向け組込OS「AWS FreeRTOS」に複数脆弱性 - コード実行のおそれ
同一コアのスレッド同時実行技術に脆弱性 - サイドチャネル攻撃「PORTSMASH」が明らかに
JPCERT/CCのログ可視化ツールにコードインジェクションなど複数脆弱性 - 修正版がリリース
複数の自己暗号化ドライブに脆弱性 - 復号化のおそれ
Dell製ネットワーク管理製品に複数の脆弱性 - 10月のアップデートで修正済み