Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソニーの音楽管理アプリに脆弱性 - 不正ファイル実行のおそれ

ソニー製オーディオ機器の音楽管理やデータ転送などの機能を提供するWindows向けソフトウェア「Music Center for PC」に脆弱性が含まれていることが明らかとなった。

「同1.0.02」および以前のバージョンにおいて、ソフトウェアのアップデート機能に脆弱性「CVE-2018-0690」が明らかとなったもの。

ダウンロードするファイルの検証に問題があり、マンインザミドル(MITM)攻撃を受けた場合に不正なファイルをダウンロードし、実行するおそれがある。

同脆弱性は、電子の妖精氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告したものでJPCERTコーディネーションセンターが調整を実施。同ソフトを開発するソニービデオ&サウンドプロダクツでは、メジャーアップデートとなる「同2.0.00」をリリースし、同脆弱性に対処した。

(Security NEXT - 2018/10/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性301件を修正
CMSの「Drupal」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
オムロン製制御システム向けソフトに複数脆弱性 - コード実行のおそれ
「Java SE」にセキュリティアップデート - 脆弱性8件を修正
「Chrome 70」で脆弱性23件を解消
「VMware ESXi」などに深刻な脆弱性 - パッチがリリース
「Joomla」に5件の脆弱性を解消したセキュリティアップデート
Facebookへの攻撃、影響は約3000万人 - 15カ月にわたり個人情報なども収集か
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性334件を修正
PHPにコード実行の脆弱性、リスク「高」 - アップデートがリリース