Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PHP脆弱性「CVE-2018-17082」 - キャッシュ汚染のおそれ

「PHP」に脆弱性「CVE-2018-17082」が見つかった問題で、同脆弱性によりウェブサーバのキャッシュへサイト運営者が意図しないスクリプトが埋め込まれるなど、攻撃者によって悪用される可能性があるとしてセキュリティ専門家が注意を呼びかけている。

PHPの開発チームが「クロスサイトスクリプティング(XSS)」としてした「CVE-2018-17082」について、セキュリティ専門家の徳丸浩氏が影響について分析。ブログを通じて注意喚起を行ったもの。

問題の脆弱性は、ヘッダにおけるチャンク形式転送エンコーディングの処理に問題があり、リクエストのボディの内容が、レスポンスに付加されるもの。

同氏は、「Apache」のモジュール「mod_cache」によりキャッシュを有効化している場合、同脆弱性を悪用することで、キャッシュの汚染が引き起こされるおそれがあると指摘している。

攻撃者が悪意あるスクリプトなどをボディに含むリクエストを送信すると、同脆弱性によってリクエストのボディ部分を含む不正なレスポンスが返され、キャッシュが汚染。

キャッシュが有効となっている期間は、正常なリクエストを行ったウェブサイトの閲覧者に対しても、レスポンスとして汚染されたキャッシュが返されるという。

対象となる環境では、利用するPHPのコードに関係なく攻撃が可能であり、パッチの適用など早急な対応が必要であるとして注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2018/10/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Apache Tomcat 9.0.24」が公開 - 「HTTP/2」向けに保護機能
「Apache HTTPD 2.4.41」がリリース - 「HTTP/2」関連など脆弱性6件を修正
「HTTP/2」の実装に複数脆弱性 - DoS攻撃手法が明らかに
「Bluetooth」に暗号化強度下げる「KNOB攻撃」が判明
スイッチ「Cisco Small Business 220」に複数の深刻な脆弱性
日本語などテキスト処理に脆弱性、Win XP以降に存在 - 報告者が詳細公表
「Firefox」にマスターパスワード認証が回避されるおそれ - アップデートを実施
F5製「BIG-IP」、構成によっては侵害のおそれ - 利用企業は早急に確認を
Adobe CC関連アプリに脆弱性 - 一部「クリティカル」も
「Adobe Experience Manager」に深刻な脆弱性 - SAMLで認証回避のおそれ