Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アマゾン装うフィッシング - アカウントの「盗難」「閉鎖」など複数口実で誘導

20180827_ap_002.jpg
誘導先のフィッシングサイト(画像:フィ対協)

ショッピングサイト「アマゾン」を装って同サイトの利用者をだまし、アカウント情報を奪うフィッシング攻撃が複数確認されている。さまざまな口実で利用者の不安を煽り、偽サイトへ誘導しようとしていた。

フィッシング対策協議会によれば、複数のフィッシング攻撃を確認しており、フィッシングメールでは、少なくとも8種類の件名が用いられていた。

具体的には、「アカウントが盗まれました」「アカウントの有効期限が切れました」「アカウントは閉鎖されます」「アカウントを保護してください」など、利用者の不安を煽り、アカウント情報のアップデートなどと称して偽サイトへ誘導しようとしていた。

さらに一部メールでは、受信者の氏名をメールの件名の冒頭に記載。なんらかのリストを取得した上でフィッシング攻撃を展開しているものと見られる。

また誘導先として4種類のURLが確認されている。フィッシングサイトは稼働が確認されており、閉鎖に向けて同協議会では、JPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼。類似した攻撃へ注意を呼びかけている。

20180827_ap_001.jpg
フィッシングメールの件名(画像:フィ対協)

(Security NEXT - 2018/08/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

LINEのフィッシング報告が増加 - URL変化させながら次々と
「キャリア決済」狙うスミッシング - 2段階認証設定でも被害が
「Officeプロダクトキーが異常な状態」とだます偽MS - 「修復作業」の演出も
日本郵便の不在通知装うスミッシング再び - iPhoneもターゲット
「地下鉄カードの現金返還キャンペーン」装うフィッシング - 情報詐取やマルウェア感染狙う
「セキュリティ審査」とだます偽Amazonに注意
「お宅の口座情報を早急に更新してください」 - 「偽Apple」メールが流通
メルカリで「規約違反」と不安煽るフィッシング攻撃 - 本文が「ラクマ」のケースも
ドコモを装うスミッシング - 「高額料金発生」と不安煽る
「MyJCB」装うフィッシング - 「不正行為の防止」などとだまして偽サイトへ誘導