Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アマゾン装うフィッシング - アカウントの「盗難」「閉鎖」など複数口実で誘導

20180827_ap_002.jpg
誘導先のフィッシングサイト(画像:フィ対協)

ショッピングサイト「アマゾン」を装って同サイトの利用者をだまし、アカウント情報を奪うフィッシング攻撃が複数確認されている。さまざまな口実で利用者の不安を煽り、偽サイトへ誘導しようとしていた。

フィッシング対策協議会によれば、複数のフィッシング攻撃を確認しており、フィッシングメールでは、少なくとも8種類の件名が用いられていた。

具体的には、「アカウントが盗まれました」「アカウントの有効期限が切れました」「アカウントは閉鎖されます」「アカウントを保護してください」など、利用者の不安を煽り、アカウント情報のアップデートなどと称して偽サイトへ誘導しようとしていた。

さらに一部メールでは、受信者の氏名をメールの件名の冒頭に記載。なんらかのリストを取得した上でフィッシング攻撃を展開しているものと見られる。

また誘導先として4種類のURLが確認されている。フィッシングサイトは稼働が確認されており、閉鎖に向けて同協議会では、JPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼。類似した攻撃へ注意を呼びかけている。

20180827_ap_001.jpg
フィッシングメールの件名(画像:フィ対協)

(Security NEXT - 2018/08/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ウェブ上の電話番号に潜む危険 - 「Googleマップ」や「Wikipedia」経由で詐欺誘導
偽「メンテナンス」通知に注意 - 三井住友銀装うフィッシング
「Amazonプライム」の会員狙うフィッシング - ブランド名を誤るミスも
「第一暗証はワンタイムパスワードではございません」 - 三井住友銀かたるSMSに注意
「クレカ情報の漏洩や不正利用を確認できる」とだますフィッシング - 全銀協を偽装
エフセキュア、セキュリティゲートウェイに新版 - HTTPS検査に対応
偽「ヤマト運輸」の不在通知SMSが流通 - 他事業者でも警戒を
クレカ明細サービス装うフィッシング攻撃 - 「信頼性高めるため」などと本文中URLからのアクセス促す
「Yahoo!JAPANカード」の利用者狙うフィッシング - PW初期化案内を偽装
4段階ある凝った作りの偽Amazonサイト - クレカの本人認証ページまで用意