Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

区画整理事業の建物移転補償に関する書類を紛失 - 川崎市

神奈川県川崎市は、登戸土地区画整理事業の建物移転補償に関する権利者の個人情報が記載された書類を、紛失したことを明らかにした。

同市によれば、同事業の建物移転補償に関する権利者折衝業務などを委託しているURリンケージの従業員が、整理事業地内の建物権利者の個人情報含む書類を紛失したもの。8月13日に書類を紛失していることに気が付き、同市に対しては同月21日に報告があったという。

問題の書類には、整理事業地内の共同住宅の居住者27人分の氏名や電話番号、聞き取り内容や、居住者4人の氏名、住所、印影など個人情報が記載されていた。

8月12日16時ごろ、権利者宅を訪問した際に書類を持参、使用したが、その後の所在がわからないという。

委託先では、対象となる権利者に説明と謝罪を実施。不審な電話に注意するよう呼びかけた。また同市は委託先に対し厳重注意を行い、再発防止の徹底を指示している。

(Security NEXT - 2018/08/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

小学校で児童の個人情報含む私用USBメモリを紛失 - 尼崎市
DV被害者による住民票開示制限申出書を紛失 - 横浜市
海外研修で引率教諭が鞄置き忘れ、個人情報紛失 - 立命館宇治中高
県立病院で患部画像や個人情報含むカメラ紛失 - 新潟県
顧客情報含む書類を紛失、誤廃棄の可能性 - 北星信金
小学校で児童名簿が飛散、水泳指導時に突風で - 大阪市
個人情報含む書類の紛失や不適切処理で職員を処分 - 三重県
顧客情報含む帳票を紛失、棚ごと誤廃棄か - ウエルシア薬局
1960年代の職業訓練受講者指導要録が一部所在不明 - JEED
公金納付書控2439件が所在不明 - 北日本銀