Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「LINE」利用者を狙うフィッシング報告が増加

20180824_ap_001.jpg
誘導先のフィッシングサイト(画像:フィ対協)

フィッシング対策協議会は、アカウント情報が不正利用されたなどとして偽サイトへ誘導するLINEを装ったフィッシング攻撃の報告が増加しているとして、注意を呼びかけた。

問題のメールは、「LINE緊急問題報告」「LINE---安全認証」「LINE 二段階パスワードの設置」と複数の件名が確認されている。

本文は、少なくとも3種類のパターンが確認されているが、いずれもセキュリティに関する通知を装っていた。

フィッシングサイトは8月24日時点で稼働が確認されており、同協議会では、JPCERTコーティネーションセンターにテイクダウンを依頼した。

フィッシングサイトとして、すでに複数のURLが報告されているが、URLを変えつつ、次々立ち上がっているとし、同協議会では類似した攻撃へ注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2018/08/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Amazonプライム」の会員狙うフィッシング - ブランド名を誤るミスも
「第一暗証はワンタイムパスワードではございません」 - 三井住友銀かたるSMSに注意
「クレカ情報の漏洩や不正利用を確認できる」とだますフィッシング - 全銀協を偽装
エフセキュア、セキュリティゲートウェイに新版 - HTTPS検査に対応
偽「ヤマト運輸」の不在通知SMSが流通 - 他事業者でも警戒を
クレカ明細サービス装うフィッシング攻撃 - 「信頼性高めるため」などと本文中URLからのアクセス促す
「Yahoo!JAPANカード」の利用者狙うフィッシング - PW初期化案内を偽装
4段階ある凝った作りの偽Amazonサイト - クレカの本人認証ページまで用意
Gmailに差出人を空欄にできるバグ「Ghost Emails」 - フィッシング攻撃などで悪用のおそれ
佐川装う悪質SMS、相談件数が10月以降急増 - iOS利用者も標的に