Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「LINE」利用者を狙うフィッシング報告が増加

20180824_ap_001.jpg
誘導先のフィッシングサイト(画像:フィ対協)

フィッシング対策協議会は、アカウント情報が不正利用されたなどとして偽サイトへ誘導するLINEを装ったフィッシング攻撃の報告が増加しているとして、注意を呼びかけた。

問題のメールは、「LINE緊急問題報告」「LINE---安全認証」「LINE 二段階パスワードの設置」と複数の件名が確認されている。

本文は、少なくとも3種類のパターンが確認されているが、いずれもセキュリティに関する通知を装っていた。

フィッシングサイトは8月24日時点で稼働が確認されており、同協議会では、JPCERTコーティネーションセンターにテイクダウンを依頼した。

フィッシングサイトとして、すでに複数のURLが報告されているが、URLを変えつつ、次々立ち上がっているとし、同協議会では類似した攻撃へ注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2018/08/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

東京五輪のチケット抽選に便乗する攻撃に注意 - 「良い席譲る」にも注意を
偽NTTドコモのSMSに注意 - 公式と同じスレッドに表示される可能性も
「偽楽天」からフィッシングメールに注意 - 不正ログインされたと不安煽る
東京五輪の類似ドメインが約1000件 - 正規サイトか慎重に確認を
「本人認証サービス開始」などとだますフィッシング - ゆうちょ銀を偽装
「MUFGカード」利用者狙うフィッシング - 11ドメインで展開
「気軽さ」と「不安」で誘導するフィッシング攻撃
「NTTグループカード」の利用者狙うフィッシング攻撃 - 不正ログイン被害の警告を偽装
「MyEtherWallet」の利用者狙うフィッシング攻撃が発生
不在通知装う「スミッシング」、ますます悪質化