Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、「Foreshadow」対策でアドバイザリ - アップデートや追加対応策の実施を

Intelの主要プロセッサに、別名「Foreshadow」と呼ばれる脆弱性「L1 Terminal Fault(L1TF)」が判明した問題で、マイクロソフトは月例セキュリティ更新にあわせ、アップデートをリリースした。

20180817_ms_001.jpg
L1TFにおける攻撃シナリオ(表:マイクロソフト)

同社は、「Foreshadow」への対処にあたり、マイクロコードとソフトウェアの両面より対応が必要であると説明。

アドバイザリをリリースし、脆弱性の詳細を説明するとともに、アップデートにより最新の状態を保つことや、「Windows」や「Windows Server」利用者に求められる対応策についてアナウンスしている。

具体的には、「Foreshadow」で判明した3件の脆弱性のうち、「Foreshadow-NG」とされる「OS」や「システム管理モード(SMM)」が影響を受ける「CVE-2018-3620」や、「仮想マシンマネージャ(VMM)」が影響を受ける「CVE-2018-3646」への対策が必要があるという。

(Security NEXT - 2018/08/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

MS、月例パッチで脆弱性79件を修正 - 一部でゼロデイ攻撃が発生
「Flash Player」に2件の深刻な脆弱性 - アップデートをリリース
CMSの「SHIRASAGI」にオープンリダイレクトの脆弱性
法人向け「ウイルスバスター」狙う攻撃が複数発生 - 設定無効化のおそれ
「Exim」に深刻な脆弱性 - リモートよりコマンド実行のおそれ
日本語などテキスト処理に脆弱性、Win XP以降に存在 - 報告者が詳細公表
GPSトラッカー約30機種に脆弱性 - 位置情報流出や不正操作のおそれ
「Android」に権限昇格のおそれ - パッチは未提供
複数脆弱性を解消した「WordPress 5.2.3」がリリース
「SSL VPN」の脆弱性探索行為、国内でも観測