Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - パッチ公開は8月14日を予定

Adobe Systemsは、複数の深刻な脆弱性へ対応するため、「Adobe Acrobat」および「Adobe Reader」のセキュリティアップデートを準備している。公開は米時間8月14日となる見込みだ。

同社によれば、両製品に存在する深刻な脆弱性の解消に向けて、各社が定例のセキュリティアップデートを公開する米時間毎月第2火曜日、いわゆる「パッチチューズデー」に向けてアップデートをリリースする計画だという。

今回は同日が米時間8月14日となる見込みで、国内の多くの組織において盆休みと重なる可能性がある。

脆弱性の悪用は確認されておらず、適用優先度は、3段階中2番目にあたる「2」と30日以内を目安としていることから、現状で緊急性はそれほど高くない模様だ。しかしながら、夏期休暇などを狙い、予想以上に早く悪用されることも想定し、脅威の動向へ注意を払う必要があるだろう。

20180810_as_001.jpg
影響を受けるソフトウェア(表:Adobe Systems)

(Security NEXT - 2018/08/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ColdFusion 2018」に権限昇格の脆弱性
MS月例パッチが公開、脆弱性33件を修正 - 一部ですでに悪用も
「Windows」ゼロデイ脆弱性、「Chrome」狙う水飲み場攻撃で悪用
「Adobe Acrobat/Reader」に複数の深刻な脆弱性 - 更新リリース
ブラウザ「Kinza」にXSS脆弱性 - 更新がリリース
OpenSSLに重要度「低」の脆弱性 - 更新用意なし
一部MSアプリで「OAuth」設定に不備 - アカウント奪取のおそれ
「Firefox 71」が登場、脆弱性11件を修正
資産管理製品「LanScope」に権限昇格の脆弱性
パッチ公開翌日から「PHP-FPM」への攻撃を観測 - PHP環境の情報収集も