Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「BIND 9」にDoS攻撃を受けるおそれ - アップデートがリリース

DNSサーバ「BIND 9」に特定環境下でリモートよりDoS攻撃を受けるおそれがある脆弱性が明らかとなった。脆弱性へ対処したアップデートがリリースされている。

20180809_is_001.jpg
脆弱性を公表したISC

「BIND 9」で「deny-answer-aliases」を有効化している場合に、INSISTアサーションエラーが生じ、「BIND」がサービス拒否に陥るおそれがある脆弱性「CVE-2018-5740」が明らかとなったもの。

重要度は「高(High)」とレーティングされている。

Internet Systems Consortium(ISC)では、脆弱性を解消した「同9.12.2-P1」「同9.11.4-P1」「同9.10.8-P1」「同9.9.13-P1」を用意。「deny-answer-aliases」を使用している場合はアップデートするよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2018/08/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「FreeBSD」にもTCP実装に脆弱性 - DoS攻撃受けるおそれ
複数のEC-CUBE向け決済モジュールに脆弱性 - 特定URLアクセスでコード実行のおそれ
「BIND 9」が意図せずオープンリゾルバとなるおそれ - 設定の確認を
「Knot DNS」にアップデート、複数脆弱性へ対処
挙動から脆弱性や攻撃を検出する「DevSecOps」向けソリューション
Windows向け「VMware Horizon」に情報漏洩の脆弱性
複数のアイ・オー製ネットワークカメラに脆弱性
Linuxカーネルにリソース枯渇する脆弱性 - DoS攻撃受けるおそれ
「アタッシェケース」にディレクトリトラバーサルの脆弱性 - アップデートで修正
「Mingw-w64」由来の実行ファイルに「ASLR」を利用しない脆弱性