Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

挙動から脆弱性や攻撃を検出する「DevSecOps」向けソリューション

NRIセキュアテクノロジーズとユービーセキュアは、米Contrast Securityの脆弱性検査製品「Contrast Assess」および「Contrast Protect」の取り扱いを開始した。

「Contrast Assess」は、稼働中のアプリケーションの挙動を監視しながら、脆弱性を検出する「IAST(Interactive Application Security Testing)」に対応した脆弱性検査ソリューション。

アプリケーションで利用しているサードパーティ製コンポーネントの種類やバージョンを識別することも可能。脆弱性データベースと組みあわせることで、利用中のコンポーネントに関しても既知の脆弱性を検出できる。

一方「Contrast Protect」は、稼働中のウェブアプリケーションへの攻撃を検出して防御を行う技術「RASP(Runtime Application Security Protection)」を搭載。

サーバで監視用エージェントを稼働させ、ライブラリやサーバソフトウェアの脆弱性に対する攻撃をアプリケーションレベルでブロックできるとしている。

(Security NEXT - 2018/08/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

トレンド、サーバ向け製品の新版 - コンテナ間の攻撃検知に対応
イエラエとNDIAS、自動車のセキュリティ評価技術を共同開発
あらたなセキュリティ認定資格のトレーニングを提供 - CompTIA
サプライチェーンリスク診断など8サービスをリリース - ソリトン
制御システムのセキュリティ規格「IEC62443」への準拠を支援 - マクニカ
制御システム向けにリスク評価サービス - BBSecとテリロジー
EC-CUBE向けの簡易脆弱性診断を無償提供 - SHIFT SECURITY
2020年11月サポート終了の「CentOS 6」向けに独自パッチサービス
サイバートラストら、ドローンの脆弱性洗い出しサービス
ドコモとトレンド、IaaS基盤のIoTデバイス保護で新メニュー