Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ランサムウェアの感染被害が発生、運行には影響なし - 多摩都市モノレール

多摩都市モノレールの業務用ファイルサーバが、ランサムウェアに感染したことがわかった。モノレールの運行については、別のシステムで管理しており、影響ないとしている。

同社によれば、職員が一般の業務で利用するファイルサーバのファイルがランサムウェアにより暗号化される被害が発生したもの。

7月9日23時ごろ、従業員がファイルサーバのファイルにおける異常へ気が付き、翌10日未明に問題のサーバで保存されていたすべてのファイルにアクセスできなくなっていることが判明した。金銭を要求する画面も表示されたという。

被害の発生を受けて、同社ではマルウェアが感染した経路の特定や、ファイルの復旧などを進めているが目処は立っていない。

モノレールの運行や定期券の発行などに用いる営業システム、ウェブサイトに関しては、別のシステムで運用しており、これらシステムへの影響については否定している。

(Security NEXT - 2018/07/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

GWに備えて対策を - 脆弱性や改元対応、BECへの警戒も
個人の半数がデータ消失経験 - 1割はバックアップせず
Androidマルウェア、検知数が 前年比約1.7倍に - 新種ランサムは9分の1
「Coinhive」はマルウェアか - ベンダーの意外な対応
ブラウザの更新通知を偽装する攻撃 - 1700以上の正規サイトに不正スクリプト
ランサムウェア「GandCrab」の復号ツールが機能強化 - 最新版にも対応
2018年「セキュリティ10大脅威」 - 注目高まる「サプライチェーン攻撃」
ランサムウェア「PyLocky」の無料復号ツールが公開 - ただし条件あり
恥ずかし画像で不安煽る詐欺メール、送信元を情セ大に偽装
年末年始に備えたセキュリティ対策を - 1月8日の「パッチチューズデー」にも注意