Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報含むPCが所在不明、誤って廃棄業者に引き渡しか - 角田市

宮城県角田市は、個人情報が保存されたパソコンを紛失したと発表した。不要機器とともに、誤って処理業者へ引き渡した可能性があるという。

同市によれば、宮城県国民健康保険団体連合会から貸与されたパソコンを紛失していることが、7月3日に判明したもの。問題のパソコンには、高額介護合算の仮算定用自己負担学確認書が保存されていた。のべ329人分、実質179人分の世帯主氏名、生年月日、性別、被保険者記号番号、診療月ごとの自己負担額と高額療養費支給額などが含まれる。

同端末は、宮城県国民健康保険団体連合会へ返却するにあたり、6月12日より同市役所敷地内の倉庫で保管していた。

同倉庫では、端末を移動した同日に不要となったパソコンや周辺機器を処理業者へ引き渡す作業も行っており、誤って引き渡した可能性があるとしているが、すでに処理作業を終えており、確認ができない状態だという。

今回の問題を受け、同市では対象となる関係者に対し、事情を説明して謝罪する書面を送付するとしている。

(Security NEXT - 2018/07/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

高校で個人情報含むUSBメモリを紛失 - 埼玉県
個人情報含むノートPCを都内で紛失 - 講談社
保育所で児童の画像含む記録メディアを紛失 - 大阪市
USBメモリを院内で紛失、患者情報含む可能性 - 北里大病院
寄付者の個人情報含むPCを一時紛失 - 生活困窮者支援のNPO法人
埼玉で廃棄したはずの個人情報、群馬で発見 - 大東建託
患者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 伊勢総合病院
患者の個人情報や検査結果含むPCを紛失 - 兵庫医科大病院
難病患者支援事業で申請書の紛失や書き換えなど判明 - 愛知県
小学校11校で指導要録や健康診断票を紛失、調査で判明 - 大阪市