Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

島根大の複数職員がフィッシング被害 - スパム送信やメールの不正転送が発生

転送されたメールには、メールの差出人と受取人のメールアドレス573件、メールの署名などに含まれる個人情報397件が含まれる。さらに付属病院の患者1人に関する氏名やIDが記載されていた。

同大では、パスワードの強制変更や転送設定の解除などの対応を実施。個人情報が漏洩した関係者に対し、説明と謝罪を行うとしている。また今回の問題を受けてログを確認したが、過去に送受信したメールの内容が流出した可能性は低いと説明している。

(Security NEXT - 2018/06/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

学内関係者向けサイトに不正アクセス、PWや個人情報が流出 - 東京理科大
「宅ふぁいる便」で過去登録情報の流出があらたに判明
島根県立大、学生アカウント乗っ取り被害でスパムの踏み台に - 原因は調査中
教員や学生の「Office 365」アカウントが乗っ取り被害 - 東京理科大
WP用プラグインの開発者サイトに不正アクセス、顧客にメール - 元従業員が侵入か
フィッシング被害でスパム送信、情報流出の可能性 - 東京外語大
老舗洋菓子店の通販サイトが改ざん - 正規サイト内でフィッシング、クレカ情報被害
学生がフィッシング被害、迷惑メール約29万件の踏み台に - 新潟大
フィッシングで複数職員がアカウントが乗っ取り被害 - 新潟大
フィッシング攻撃でアカウント乗っ取り、メールが不正転送 - 弘前大