Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アーカイブ展開に脆弱性「Zip Slip」 - 多数ソフトウェアに影響

細工されたアーカイブファイルを処理させることで、特定の場所にファイルを展開させることが可能となる脆弱性「Zip Slip」が判明した。影響を受けるソフトウェアは多く、悪用されるとリモートよりコードを実行されるおそれがあるという。

20180606_sn_001.jpg
「Zip Slip」のロゴ

同脆弱性は、英Snykが公表したもの。多数のライブラリやプロジェクトが影響を受けるとしており、同社では「Zip Slip」と名付けた。

サーバ環境、クライアント環境のいずれも影響を受けるとしており、アプリケーション開発フレームワークなどで開発し、ファイルをアップロードできる環境など攻撃の対象となるおそれがある。

ファイル名の処理に起因しており、脆弱性が存在するソフトウェアやライブラリを利用する環境で細工されたファイルがシステム上へ配置され、攻撃者やシステムによって処理されると、ディレクトリトラバーサルが発生。ファイルが保存、上書きされ、結果として悪意あるコードを実行されるおそれもある。

同社は、「JavaScript」「Ruby」「.NET」「Go」などで開発された環境が影響受けると説明しており、特に中心的なライブラリを持たない「Java」に注意が必要であると指摘した。

(Security NEXT - 2018/06/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も
ゼロデイ攻撃への悪用目立つ「権限昇格の脆弱性」
複数「VPNアプリ」に「Cookie」窃取されるおそれ - 一部ベンダーは反論
研究者が最新版IEの脆弱性を指摘 - 修正予定なく、実証コードが公開へ
Oracle、四半期定例アップデートを公開 - 脆弱性297件を修正
「Java SE」最新版がリリース - 5件の脆弱性に対応
Windows向け「Apache Tomcat」にリモートよりコード実行のおそれ