Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

府立校9校で指導要録の紛失が判明、一部復元できず - 大阪府

大阪府は、府立の高校や支援学校など9校において、生徒の個人情報含む指導要録の紛失が判明したことを明らかにした。

20180507_os_001.jpg
大阪府のウェブサイト

同府によれば、府立学校9校において、生徒の学籍や指導に関する記録をまとめた指導要録1827人分の紛失が明らかになったもの。生徒と保護者の氏名、住所のほか、出身校や卒業後の進路、修得単位数などが記載されていた。

最初に紛失が判明したのは福井高校。2017年9月に卒業生から単位修得証明書の発行申請があり、指導要録の保存状況を確認したところ、1998年度から2010年度の転学者と退学者319人分の指導要録が所在不明となっていることに気が付いた。

同校では、紛失したのが転学者や退学者の指導要録であり、大きな影響はないと判断。判明後も同府へ報告していなかったが、2018年4月19日にも退学者に単位修得証明書を発行できない問題が発生。同事態を受けて翌20日に同府へ報告したという。

(Security NEXT - 2018/05/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

同人誌の原稿データ含むUSBメモリが所在不明 - 印刷事業者
原発広報誌の返信ハガキが所在不明、個人情報や意見など記載 - 東電
特別支援学校で生徒の個人情報が所在不明 - 東京都
COP24会場でUSBメモリとPCが盗難か、PW記載した書類も - 環境省
溶解処理する書類を運搬中に紛失 - ワンビシアーカイブズ
市営住宅入居者の個人情報含む台帳を紛失 - 川崎市
本店で保管していた顧客情報含む伝票を紛失 - 沖縄銀
学生情報含むUSBメモリが所在不明 - 札幌学院大
委託先が業務用端末と制服を置き忘れて紛失 - 東京ガス
25~35年前の一部カードローン契約書など、紛失が判明 - 熊本信金