Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

府立校9校で指導要録の紛失が判明、一部復元できず - 大阪府

大阪府は、府立の高校や支援学校など9校において、生徒の個人情報含む指導要録の紛失が判明したことを明らかにした。

20180507_os_001.jpg
大阪府のウェブサイト

同府によれば、府立学校9校において、生徒の学籍や指導に関する記録をまとめた指導要録1827人分の紛失が明らかになったもの。生徒と保護者の氏名、住所のほか、出身校や卒業後の進路、修得単位数などが記載されていた。

最初に紛失が判明したのは福井高校。2017年9月に卒業生から単位修得証明書の発行申請があり、指導要録の保存状況を確認したところ、1998年度から2010年度の転学者と退学者319人分の指導要録が所在不明となっていることに気が付いた。

同校では、紛失したのが転学者や退学者の指導要録であり、大きな影響はないと判断。判明後も同府へ報告していなかったが、2018年4月19日にも退学者に単位修得証明書を発行できない問題が発生。同事態を受けて翌20日に同府へ報告したという。

(Security NEXT - 2018/05/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

教諭が生徒情報含むUSBメモリをリュックごと紛失 - 千葉市
顧客情報含む伝票綴りを紛失、誤廃棄か - 鹿児島相互信金
高技専2校で生徒指導要録の紛失が判明 - 大阪府
印影など含む伝票綴りを紛失 - 大分銀
職員が個人情報を持ち帰り紛失、決裁文書放置で未処理も - 三重県
人工呼吸器管理用タブレットが所在不明 - 岸和田市民病院
顧客情報含むリストが所在不明、巡回時に紛失か - 東京ガス
中学校生徒の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 横浜市
健康保険関連の個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 蒲郡市
症例要約含むUSBメモリを医学部で紛失 - 群馬大