Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「iOS 11.3.1」でUI偽装など脆弱性4件を修正 - Apple

20180425_ap_001.jpg

Appleは、同社スマートデバイス向けにセキュリティアップデート「iOS 11.3.1」をリリースした。

今回のアップデートでは、CVEベースであわせて4件の脆弱性を修正した。

具体的には、「Crash Reporter」においてメモリ破壊が生じ、権限の昇格が生じる脆弱性「CVE-2018-4206」や、細工したメッセージでUI偽装が可能となる「LinkPresentation」の脆弱性「CVE-2018-4187」のほか、「WebKit」に関する脆弱性2件に対処している。

また非純正部品のディスプレイへ変更された際、タッチ操作ができなくなる問題を修正したという。

(Security NEXT - 2018/04/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

CMSの「Drupal」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
オムロン製制御システム向けソフトに複数脆弱性 - コード実行のおそれ
「Java SE」にセキュリティアップデート - 脆弱性8件を修正
「Chrome 70」で脆弱性23件を解消
「VMware ESXi」などに深刻な脆弱性 - パッチがリリース
「Joomla」に5件の脆弱性を解消したセキュリティアップデート
Facebookへの攻撃、影響は約3000万人 - 15カ月にわたり個人情報なども収集か
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性301件を修正
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性334件を修正
PHPにコード実行の脆弱性、リスク「高」 - アップデートがリリース