Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

EGセキュア、スマホアプリ向けに脆弱性診断 - サーバのAPIにも対応

EGセキュアソリューションズは、スマートフォンアプリの脆弱性を検出するサービス「スマートフォンアプリケーション脆弱性診断」を提供開始した。

同サービスは、スマートフォン向けアプリや連携して利用するサーバのAPIを対象とした脆弱性の診断サービス。インターネットを介してリモートより提供する。

アプリに対しては、静的解析および動的解析を提供。アプリのソースコードを目視で診断するほか、デバッガーによるリソースの解析や、逆アセンブルによるソースコードの解析を実施する。またプログラムを実際に動作させ、 不正な動作などについて調査する。

一方、API診断では、スマートフォンからインターネット経由でAPIにアクセスし、ブラックボックスでAPIを診断する。

対応言語は、Androidアプリで使用する「Java」やiOSの「Objective-C」「Swift」。Unityなどサードパーティ環境にも対応する。

申し込みから診断まで最短5営業日から提供可能。料金は診断項目や機能によって異なり、1アプリあたり80万円から。同社では2018年に売上3000万円を目標に同サービスを展開していく。

20180405_eg_001.jpg
診断項目の一部(表:EGセキュアソリューションズ)

(Security NEXT - 2018/04/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

損保ジャパンと日立、インシデント発生率と損害額を定量化する診断手法を開発
セキュアブレイン、ウェブアプリのソースコード診断を開始
ハードや通信を調査する「IoTセキュリティ診断サービス」 - ラック
IoT向けセキュリティコンサルサービス - EGセキュア
F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応
カスペ、法人向けエンドポイント製品に新版 - 共有フォルダの暗号化防止機能など追加
家庭内LANの安全性診断ツールに脆弱性診断機能を追加 - 「Mirai」が狙うポートの開放状況もチェック
ビル設備の閉域網、時間かければ侵入可能 - 省エネモニターに踏み台リスク
脅威や脆弱性情報の提供や対策立案を支援するサービス - CTC
東陽テクニカ、複数ソリューションの統合サービスを展開