Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アンケート回答で「iPhone Xプレゼント」とだます「偽日本郵便」に注意を

日本郵便は、同社サイトを装った不正サイトが確認されたとして注意を呼びかけている。アンケートを装い、情報を入力させるほか、外部サイトへ誘導してアプリをインストールさせようとしていた。

20180403_yu_001.jpg
最初に表示されるアラート

問題のサイトは、ロゴやデザインなどを正規サイトに似せたプレゼント懸賞があるアンケートページを偽装。

アクセスすると機械翻訳を利用して作成したと見られる不自然な日本語で記載されたメッセ—ジを表示する。

メッセージでは、「あなたは私たちがiPhone XまたはサムスンのギャラクシーS8を獲得するチャンスのために選択した10人のユーザーの一つです!」などと説明。アンケートへの回答を誘導していた。

続くアンケートページでは、のこる賞品がすでに7台に減ったかのように見せかけ、郵便サービスの利用年数や利用頻度、満足度、好きなスマートフォンの色など4種類の質問に回答するよう求める。

(Security NEXT - 2018/04/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

MS、IoTやクラウドのセキュリティを強化 - 疑似攻撃による対応テスト機能も
偽ソフトバンクによる「緊急のご連絡」に注意 - 「Apple IDが不正利用」と不安煽るフィッシング
「MUFGカード」のフィッシングサイトが大量発生 - 「三菱UFJニコス銀行」名乗り送信
減少傾向続く新種マルウェア、1カ月あたり4000万件割り込む - 1年間で半数以下に
「Apple」ユーザー狙うフィッシング - 「静岡からアクセスあった」と不安煽り、あらゆる情報を詐取
iOS向けアプリ「はてなブックマーク」にアドレスバー偽装のおそれ
フィッシング報告数、前月比約2.3倍に - 悪用URLの増加は限定的
クレカ番号詐取による被害が増加、JC3が注意呼びかけ
フィッシングサイトのURLが前月比約1.2倍に - 悪用されるブランドも増加
「MUFGカード」をかたるフィッシング - 15種類の異なるトップレベルドメインで偽サイトを配信