Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中学校で貸出データ含む図書室設置PCが盗難 - 名古屋市

名古屋市の市立中学校において、生徒の個人情報が保存された図書貸し出し用のパソコンが所在不明になっている。

同市によれば、所在がわからなくなっているのは図書室に設置された図書貸し出し用のデスクトップパソコン。2月26日から3月1日までの間に何者かによって持ち去られたという。

問題のパソコンには、2017年度の在校生615人分の氏名、学年、学級、出席番号のほか、生徒の入学時からの図書貸し出しデータが保存されていた。パソコン内の個人情報には、パスワードが設定されているが、パソコンに盗難防止用のワイヤーなどは設置していなかった。

図書室の出入口や窓などが破壊された形跡は残っておらず、校内からパソコンを発見できなかったことから、同校では3月15日に警察へ被害届を提出。今回の問題を受け、保護者に対しても説明会を行うとしている。

(Security NEXT - 2018/03/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

特定健診の名簿紛失で職員を処分 - 五島市
定期預金の印鑑届を紛失、誤って廃棄か - 北越銀
小学校で児童の個人情報含む書類が所在不明 - 大阪市
個人情報含む申請書類が所在不明 - 名古屋市
秘書検定の答案が所在不明、再試験を実施 - 実務技能検定協会
中学校保健室で生徒連絡票が所在不明 - さいたま市
検査結果など含む私物USBメモリが所在不明 - 福知山市民病院
元応援団部員の個人情報入りUSBメモリが所在不明 - 立命館大
国保給付申請書1.3万件を紛失 - 神戸市
印影など含む振替払出書などを紛失 - ゆうちょ銀