Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Citrix XenServer」に複数脆弱性 - ホストが停止したり侵害されるおそれ

「Citrix XenServer」に複数の脆弱性が含まれていることが明らかになった。いずれもゲストマシンより悪用が可能で、ホストサーバに影響を及ぼすおそれがある。

20180322_ci_001.jpg
Citrixでは修正を強く推奨

同社によれば、「同7.3」から「同7.0」までのバージョンにサービス拒否の脆弱性「CVE-2018-7540」「CVE-2018-7541」が存在することが明らかとなったもの。

さらに「同7.0」「7.1 LTSR Cumulative Update 1」に関しては、「Open vSwitch」におけるMPLSパケット処理でバッファオーバーフローが生じ、任意のコードを実行されるおそれがある脆弱性「CVE-2016-2074」が含まれるという。

脆弱性を悪用することで、ゲストの仮想マシンよりホストサーバを停止させたり、リモートからホストサーバを侵害することが可能だとしている。

脆弱性の判明を受け、同社では脆弱性を修正するホットフィクスをリリース。できる限り早く適用するよう強く推奨している。

(Security NEXT - 2018/03/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

VMwareのmacOS向け製品に権限昇格の脆弱性
「baserCMS」やプラグインにあわせて12件の脆弱性
脆弱性診断サービスを刷新、最短3日のプランも - PSC
Windows版が影響受ける深刻な脆弱性を解消した「PHP」新版
「Firefox 78.0.2」が公開 - フレーム設定をバイパスできる脆弱性を修正
Citrix製品にあわせて11件の脆弱性 - アップデートが公開
「SD-WAN by VeloCloud」に脆弱性 - アップデートがリリース
F5「BIG-IP」の脆弱性狙う攻撃を国内で観測
F5の「BIG-IP」シリーズに深刻な脆弱性 - リモートよりコード実行のおそれ
「PowerDNS Recursor」に脆弱性 - アップデートがリリース