Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2017年4Qの脆弱性届出は70件 - ソフトウェア関連が大幅減

2017年第4四半期に情報処理推進機構(IPA)へ寄せられた脆弱性の届け出は70件だった。ソフトウェア関連が大幅に減少している。

同機構が、2017年第4四半期における脆弱性の届け出状況について取りまとめたもの。同四半期の届け出件数は70件で、前四半期の121件を下回った。

届け出の内訳を見ると、ソフトウェア製品に関する脆弱性が37件で、前四半期の92件から37件に減少。2015年からの3年間でもっとも低い水準となった。一方ウェブサイト関連は33件で、前四半期の29件をわずかに上回った。

届け出の受け付けを開始した2004年からの累計件数は、ソフトウェア製品が3895件。ウェブサイト関連が9628件。ウェブサイト関連の届け出が全体の約7割を占める状況に変化はなかった。1日あたりの届け出件数は4.11件だった。

20180129_ip_001.jpg
脆弱性の届出件数推移(グラフ:IPA)

(Security NEXT - 2018/01/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

5月末にトネリングによる「RDP」接続が急増
金融分野のセキュリティレポートを公開 - 金融庁
「SQLインジェクション」を多数観測 - CMSのDB狙う攻撃も
Interop Tokyo 2019が開幕 - 「Best of Show Award 2019」が決定
IoTセキュリティ対策の進捗状況と今後の課題を取りまとめ - 総務省
「情報セキュリティ早期警戒パートナーシップガイドライン」に2019年版
中国関与の攻撃グループ「APT10」の活動を非難 - 外務省談話
脆弱な「phpMyAdmin」の探索行為を多数観測 - IIJ
制御システムのセキュリティ担当者向けに演習実施 - IPA
2019年1Q、脆弱性の届出は122件 - ソフト関連倍増