Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2017年4Qの脆弱性届出は70件 - ソフトウェア関連が大幅減

2017年第4四半期に情報処理推進機構(IPA)へ寄せられた脆弱性の届け出は70件だった。ソフトウェア関連が大幅に減少している。

同機構が、2017年第4四半期における脆弱性の届け出状況について取りまとめたもの。同四半期の届け出件数は70件で、前四半期の121件を下回った。

届け出の内訳を見ると、ソフトウェア製品に関する脆弱性が37件で、前四半期の92件から37件に減少。2015年からの3年間でもっとも低い水準となった。一方ウェブサイト関連は33件で、前四半期の29件をわずかに上回った。

届け出の受け付けを開始した2004年からの累計件数は、ソフトウェア製品が3895件。ウェブサイト関連が9628件。ウェブサイト関連の届け出が全体の約7割を占める状況に変化はなかった。1日あたりの届け出件数は4.11件だった。

20180129_ip_001.jpg
脆弱性の届出件数推移(グラフ:IPA)

(Security NEXT - 2018/01/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

国内のMirai亜種感染機器からの通信が3月に増加 - 背景に「akuma」
改正「テレワークセキュリティガイドライン」、クラウドやランサムウェアの注意点も
研究者が注目した「10大脅威」、具体的な手口や対策は? - IPAが解説資料
「WannaCrypt」騒ぎから約1年、GWに向けてセキュリティ対策の確認を
家庭内IoT機器、現存マルウェアからはルータで保護可能 - ただしルータへの侵入防護が条件
IoT製品の26.3%でサポート期間中に脆弱性 - 1割強で対策不可能な場合も
不正アクセス事件の検挙件数が前年比3割増 - 被疑者は10代、動機は「好奇心」が最多
開発時のセキュリティ、社内方針があるIoT製品は4割未満 - 産業用などで低い傾向
GMOペパボ、不正アクセスで調査報告 - 原因はシステムとマネジメント体制の不備
LINE、脆弱性報奨金プログラムの実施状況を発表