Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

元社員が経営幹部などの求職者情報を持ち出し - リクルート関連会社

経営幹部や専門家などの人材紹介事業を展開するリクルートエグゼクティブエージェントの元従業員が、顧客情報を不正に持ち出していたことが明らかになった。

同社によれば、11月29日にログの調査を実施したところ、データの不正な持ち出しが明らかとなったもの。元従業員が、9月17日および23日に担当した顧客情報を私物のパソコンへ送信していたという。

持ち出された情報は、求職者に関する個人情報1163人分。氏名や住所、電話番号、メールアドレス、生年月日、性別、出身校、勤務先、年収などが含まれる。さらに担当者情報1324人分をはじめ、求人を行っていた692社分の企業情報についても持ち出していた。

同社では、12月8日に同社システム担当者が立ち会いのもと、元従業員が持ち出したデータの消去を確認。私有パソコン以外への流出は確認されていないという。

今回の問題を受けて同社は、認定個人情報保護団体や厚生労働省へ事態を報告。関係者へ事情を説明し、謝罪している。

(Security NEXT - 2017/12/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

医療機器メーカー元従業員が書類送検 - 患者や顧客、技術情報など不正持出
取引先情報不正持出の元従業員が起訴 - ゼネテック
顧客情報含む資料を車の上に置いて走行中に紛失 - 大丸
患者情報含むUSBメモリ3本が所在不明 - 大阪市大付属病院
原発広報誌の返信ハガキが所在不明、個人情報や意見など記載 - 東電
患者情報含む書類が車上荒らしで盗難 - 香川大付属病院
顧客情報を一時紛失、外部店舗で発見 - 京都の冠婚葬祭事業者
元職員が個人情報含む内部情報を持ち出し - 農畜産業振興機構
退職医師が患者の個人情報を不正に持ち出し - 東京女子医科大
中学校生徒の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 横浜市