Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

チケット購入者の個人情報流出、配信システム不具合で - 浦和レッズ

プロサッカークラブの浦和レッドダイヤモンズは、シーズンチケットの購入者に対するメールにおいて誤送信が発生し、氏名やメールアドレスが流出したことを明らかにした。

同クラブによれば、12月15日16時に委託先のぴあがチケット購入者242人へ配信したメールにおいて、誤送信が発生したもの。

メール配信システムの不具合により、受信者間でほかの受信者のカナ氏名やメールアドレス、申込番号、席種、請求金額などが閲覧できたほか、複数回にわたるメール送信が発生した。

対象となる顧客に対し、委託先がメールで謝罪するとともに、誤送信したメールの削除を依頼。あらためて電話による謝罪を行うとしている。

(Security NEXT - 2017/12/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

イベント案内メール誤送信、メアドや氏名が流出 - NHK
区民活動センターでメール送信ミス - 横浜市
委託先が研修案内メール誤送信、メアド流出 - 東京観光財団
顧客向け案内メール誤送信 - サムライ・ロック・オーケストラ
誤送信で専門家派遣事業利用者8046人分のメアド流出 - 経産省
メールアドレス確認メールで誤送信 - 神戸市産業振興財団
セミナー案内メール誤送信 - エフティグループ
案内メール誤送信で利用者のメアド流出 - 横浜市の公共施設
観光施設で顧客宛のメルマガを誤送信 - 身延町
意匠制度改正説明会の申込者メルアドが流出 - 特許庁