Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Palo Alto NetworksのOSに脆弱性 - 悪用容易のため注意を

Palo Alto Networks製品の管理画面に脆弱性が存在し、リモートよりコードを実行されるおそれがあることが判明した。セキュリティベンダーなども注意喚起を行っている。

「PAN-OS 8.0.5」「同7.1.13」「同7.0.18」「同6.1.18」において、リモートよりコードが実行可能となる脆弱性「CVE-2017-15944」など、複数の脆弱性が含まれていることが明らかとなったもの。管理画面へアクセスできる環境であれば、認証しなくとも攻撃が可能だという。

影響を受ける脆弱性は、同OSのバージョンは異なるが、同社では同脆弱性のほか、関連する「CVE-2017-15940」「CVE-2017-15942」「CVE-2017-15943」などを修正した「同8.0.6-h3」「同7.1.14」「同7.0.19」「同6.1.19」をリリース。さらに暫定的な緩和策として、同社製品向けのシグネチャー「40483」「40484」を提供している。

また「同6.1.19」に関しては、「OpenSSL」の脆弱性「CVE-2017-6460」「CVE-2016-9042」や、Linuxカーネルに関連する情報漏洩の脆弱性「CVE-2016-5696」などについても、あわせて対処が行われた。

「CVE-2017-15944」が明らかになったことを受け、ラックでは実際に脆弱性が悪用可能であることを確認したという。悪用するためのコードは、12月21日の時点で流通しておらず、同社においても攻撃は確認していないが、容易に悪用することが可能であると指摘している。

脆弱性が悪用された場合、コマンドの実施やファイルの作成、バックドアの設置などへ悪用される可能性があると指摘。製品の利用者に対し、注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/12/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メールセキュリティ製品「Cisco ESA」に深刻な脆弱性 - 悪用は未確認
Oracle、四半期定例パッチで脆弱性284件を修正
オムロン製ツール「CX-Protocol」に脆弱性
WordPress向けスパム対策プラグインにXSSの脆弱性
Intel、Wi-FiソフトからDC向けまで幅広いアップデート
2019年最初のMS月例パッチ - 脆弱性49件を解消
「Adobe Digital Editions」に情報漏洩の脆弱性
「Adobe Connect」にセッショントークンが漏洩する脆弱性 - アップデートが公開
「Windows 7」「WS 2008」のサポート終了まで1年 - 「ESU」活用も早めの検討を
1月3日に「Adobe Acrobat/Reader」のアップデートがリリース予定