Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ICクレジットカード取扱店向けにロゴマーク - 日本クレジット協会と経産省

日本クレジット協会は、ICチップ搭載クレジットカードを利用したクレジットカード決済を推進する一環として、対応加盟店のロゴマークを策定した。

20171128_jc_001.jpg
策定された「IC対応マーク」

クレジットカード決済端末のICチップ対応が完了している加盟店を消費者が識別できるよう、同協会と経済産業省が連携してロゴマーク「IC対応マーク」を用意したもの。

同ロゴマークには、シンボルマークとともに、日本語と英語によるキャッチコピーも併記。今後は一部対応加盟店でロゴマークを掲示する実証実験を展開し、2018年4月から本格展開する予定。

またICチップ搭載クレジットカードのメリットについて、消費者の理解を深めるための啓発用デザインとして、「IC取引啓発デザイン」も用意。ウェブサイトや消費者団体や消費生活センターなどにポスターを配布するなど、啓発活動を推進していく。

(Security NEXT - 2017/11/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ログイン情報だまし取る「偽Uberアプリ」 - 正規アプリ表示で詐取を隠ぺい
インテリア通販サイトに不正アクセス - クレカなど個人情報が流出
NICOSカードのシステム障害、機器故障が原因 - サイバー攻撃は否定
詐欺サイトの通報窓口を開設 - セーファーインターネット協会
2割弱が出所不明の公衆無線LAN利用 - 「セキュリティ意識していない」 約3割
調理酢の販売サイトに不正アクセス - クレカ情報など流出か
アカウント情報の闇相場、「銀行口座」など高値 - 攻撃者はPWリスト攻撃目的で入手か
「Apple」装うフィッシング - 12月に入ってからも発生
MUFGカード利用者を狙ったフィッシング - 「IDを変更した」とだます手口
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意