Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Bad Rabbit」の踏み台被害、対応に1カ月弱 - アイカ工業がサイト再開

10月にウェブサイトの改ざん被害が発生したアイカ工業は、約1カ月ぶりにウェブサイトを再開した。被害が発生した経緯などを明らかにしている。

20171120_ai_001.jpg
ウェブサイトを再開したアイカ工業

ランサムウェア「Bad Rabbit」の感染活動において、同社サイトが改ざんされ、マルウェア配布サイトへ誘導するためのいわゆる「踏み台」として悪用されたことが10月25日に判明したもの。

ESETが指摘した踏み台サイト22件に、同社サイトが含まれていたことから、同社ではウェブサイトを停止するとともに、調査を進めていた。

誘導先のサイトでは、「Bad Rabbit」に感染させるための「ドロッパー」が配布されていたことが、セキュリティベンダーの調査により判明している。

(Security NEXT - 2017/11/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

通販サイトで情報流出、不正プログラムでクレカ情報も窃取か - JR九州傘下のドラッグストア
WP用プラグインの開発者サイトに不正アクセス、顧客にメール - 元従業員が侵入か
ホスティングサービスに不正アクセス、約5000サイトが改ざん - 利用者CMS経由でOS侵害
年末年始にかけてサイト改ざん、閲覧者に影響なし - 南紀白浜観光局
サイト改ざんの予防から復旧まで対応するソリューション - ALSOK
環境省の洋上風力発電実証事業関連サイトが改ざん - 偽通販サイト設置、外部不正サイトへの誘導も
「DLmarket」への不正アクセス、顧客のクレカ情報も被害か
サイトに不正アクセス、電子カルテなどへの影響なし - 徳島県鳴門病院
老舗洋菓子店の通販サイトが改ざん - 正規サイト内でフィッシング、クレカ情報被害
複数回にわたり改ざん被害、不正サイトへ誘導 - ソフトウェア開発会社