Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

誤って持ち帰った患者情報が所在不明に - 横浜市立大付属医療センター

横浜市立大学付属市民総合医療センターの協力医師が患者の個人情報を誤って外部へ持ち出し、紛失していたことがわかった。

同大によれば、外部の医療機関へ勤務する協力医師が、院外への持ち出しが禁止されている病理報告書を誤って持ち出し、紛失したことが判明したもの。同書類には、患者6人分の氏名や生年月日、ID、病理診断結果などが記載されていた。

同医師は9月10日、標本番号を確認するために同院病理システムから病理報告書6枚を印刷。持ち出し不可であることを知りつつも、ほかの書類と一緒に紙ファイルに綴じて誤って持ち帰ってしまったという。10月7日に気が付き、翌8日に同院へ来院したところ、紛失していることに気が付いた。

また同医師に対し、病院の情報を利用する際に必要な書類や個人情報利用時の誓約書など提出を受けないまま、同センターの医師が、自らのIDやパスワードを利用してログインした病理システムを同医師へ使用させていたことも判明したという。

同センターでは対象となる患者に対し、説明と謝罪。立ち寄った施設や利用交通機関に問い合わせをしたが見つかっていないという。

(Security NEXT - 2017/11/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客情報含む領収書など紛失 - 三谷産業子会社
患者情報含むHDDを紛失 - 鹿児島市の総合病院
教員がレポートを回収後に紛失 - 首都大学東京
クレカ情報含む帳票3000件を紛失 - NHK
交付前のマイナンバーカードが所在不明、保管中に紛失 - 横浜市
キャンペーン応募用紙が箱ごと所在不明 - 静岡のスーパー
紙袋に入れた受託イベント参加者の個人情報を紛失 - FVC
委託先で顧客情報含む領収書を紛失 - 京葉ガス
採用内定者の個人情報含む資料が所在不明 - 国立病院機構
行政文書を誤廃棄、流出は否定 - 平塚市