Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

誤って持ち帰った患者情報が所在不明に - 横浜市立大付属医療センター

横浜市立大学付属市民総合医療センターの協力医師が患者の個人情報を誤って外部へ持ち出し、紛失していたことがわかった。

同大によれば、外部の医療機関へ勤務する協力医師が、院外への持ち出しが禁止されている病理報告書を誤って持ち出し、紛失したことが判明したもの。同書類には、患者6人分の氏名や生年月日、ID、病理診断結果などが記載されていた。

同医師は9月10日、標本番号を確認するために同院病理システムから病理報告書6枚を印刷。持ち出し不可であることを知りつつも、ほかの書類と一緒に紙ファイルに綴じて誤って持ち帰ってしまったという。10月7日に気が付き、翌8日に同院へ来院したところ、紛失していることに気が付いた。

また同医師に対し、病院の情報を利用する際に必要な書類や個人情報利用時の誓約書など提出を受けないまま、同センターの医師が、自らのIDやパスワードを利用してログインした病理システムを同医師へ使用させていたことも判明したという。

同センターでは対象となる患者に対し、説明と謝罪。立ち寄った施設や利用交通機関に問い合わせをしたが見つかっていないという。

(Security NEXT - 2017/11/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

貸付金の借受人や連帯保証人などの個人情報を紛失、4年前に発生 - 滋賀県
取引情報8.4万件含むATM記録紙を紛失 - 北おおさか信金
顧客リストを運搬中に紛失、一部未回収 - 大分瓦斯
患者や研修医など個人情報5.7万件が所在不明 - 大崎市民病院
児童名簿紛失を報告しなかった校長らに対し懲戒処分 - 千葉市
小学校で児童名簿を紛失、5カ月後の匿名通報で発覚 - 千葉市
決裁文書を紛失して虚偽報告、職員を処分 - 原子力規制委員会
印影など含む帳票を保存箱ごと紛失、誤廃棄か - JAちばみどり
大阪府で児童扶養手当の決裁文書紛失が判明、2017年に5月発生 - 本籍や病歴、マイナンバーも
非常勤講師が持ち帰った答案用紙を紛失 - 金沢星稜大