Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

CiscoのNFVプラットフォームに深刻な脆弱性 - アップデートがリリース

「Cisco Cloud Services Platform(CSP)2100」のウェブコンソールに深刻な脆弱性が含まれていることが判明した。アップデートがリリースされている。

同製品は、仮想ネットワークサービスを運用、管理できる「NFVプラットフォーム」。同製品のウェブコンソールにおいて、認証機能に脆弱性「CVE-2017-12251」が存在することが判明したもの。重要度は「クリティカル(Critical)」。

ウェブコンソールへアクセス権限を持つユーザーが、ウェブコンソールのURLを細工することで、同製品上で稼働する本来アクセスできない特定の仮想マシンに対してアクセスが可能となるという。

同脆弱性は、「同2.2.2」から同「2.1.0」に影響があるとしており、同社では脆弱性を解消したアップデート「同2.2.3」をリリースした。

(Security NEXT - 2017/10/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Apple、「iOS 12.1.1」をリリース - 脆弱性20件を修正
オムロンの制御機器向けツールパッケージに複数脆弱性
「Chrome 71」がリリース、脆弱性など43件を修正 - 不正広告対策も
再び「Adobe Flash Player」が緊急アップデート - すでに脆弱性の悪用コード流通
Tenable製ツール用いたSaaS型のウェブアプリ脆弱性診断サービス
コンテナ管理の「Kubernetes」に深刻な脆弱性
WordPress向けプラグイン「LoginPress」に脆弱性
2009年10月以降出荷のパナ製Windows PCに脆弱性 - 修正ユーティリティを公開
Ciscoのライセンス管理製品に深刻な脆弱性 - SQLiによりシェルの実行も可能に
Sennheiserのヘッドセット用ソフトに脆弱性 - アンインストール後も影響