Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセスで視聴者情報37万件が流出か - TOKYO MX

東京メトロポリタンテレビジョン(TOKYO MX)のウェブサイトが不正アクセスを受け、視聴者に関する情報が外部へ流出した可能性があることがわかった。

同社によれば、流出した可能性があるのは、一部番組のコメント用フォームから投稿された氏名とメールアドレス約1270件、およびニックネームとメールアドレスのべ37万件。同社では対象となる番組について確認を進めている。

10月3日20時ごろ、アクセスにおいて異常値があり、不正アクセスを受けていたことへ気が付いたという。サーバに脆弱性が存在し、脆弱性が悪用されたと見られている。

同社では、問題の投稿フォームを停止。不正アクセスの原因など詳細について調査を進める。また対象となる視聴者に対しては、メールで連絡を取る予定。

(Security NEXT - 2017/10/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

5年前に終了したプリントゴッコ通販サイトに不正アクセス - 顧客情報が流出
診療予約サービスに不正アクセス - 患者情報約60万件が流出か
不正アクセス受けたFostex通販サイトが再開 - 詳細が判明
セキュリティコード含むクレカ情報が流出 - フルッタフルッタ
従業員メールアカウントに不正アクセス、顧客情報を閲覧か - 四国スバル
Fostex通販サイトで顧客情報流出か - ECシステムに不正アクセス
米信用機関で個人情報1.4億件が流出 - 便乗フィッシング攻撃に懸念
茶類の通販サイトでクレカ情報流出の可能性 - 「Magento」の脆弱性突かれる
ECサイトのASPサービスに不正アクセス - 複数サイト顧客のクレカ情報が流出
不正アクセス被害の「B.LEAGUE」、4カ月ぶりにクレカ決済を再開