Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「脆弱性届出制度」に関する説明会を開催 - IPA

情報処理推進機構(IPA)は、「脆弱性届出制度」に関する説明会を10月19日に開催する。

「情報セキュリティ早期警戒パートナーシップガイドライン」を5月に改訂したことを受け、同制度で脆弱性について届け出を行った経験がある報告者を対象に、説明会を開催するもの。

パートナーシップにおける取り扱いの変更をはじめ、届出様式の変更における注意点、脆弱性を発見する際の注意事項などを説明。また当日は同機構や参加者による情報交換なども予定している。

申し込みは、事前アンケートへ回答した上で、回答後に表示されるフォーマットに従ってメールで行う。先着順での受け付けとなり、締め切りは9月25日正午。詳細は同機構のウェブサイトから。

(Security NEXT - 2017/09/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「BlueBorne」の影響をチェックできるAndroidアプリ
米信用機関で個人情報1.4億件が流出 - 便乗フィッシング攻撃に懸念
KDL、医療分野に特化したハッキングコンテストを開催
NICT、米MITREとセキュリティの研究協力で覚書
Adobe、「RoboHelp」向けにセキュリティアップデートをリリース
「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - 「IE」や「Edge」同梱版は早急に更新を
ペアリング不要、近隣端末を「Bluetooth」乗っ取れる「BlueBorne」 - 53億台に影響か
MS月例パッチで修正されたゼロデイ脆弱性、国家の諜報活動に悪用か
MS、脆弱性80件を月例パッチで解消 - すでにゼロデイ攻撃も
「ColdFusion」に複数の脆弱性 - セキュリティアップデートがリリース