Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「脆弱性届出制度」に関する説明会を開催 - IPA

情報処理推進機構(IPA)は、「脆弱性届出制度」に関する説明会を10月19日に開催する。

「情報セキュリティ早期警戒パートナーシップガイドライン」を5月に改訂したことを受け、同制度で脆弱性について届け出を行った経験がある報告者を対象に、説明会を開催するもの。

パートナーシップにおける取り扱いの変更をはじめ、届出様式の変更における注意点、脆弱性を発見する際の注意事項などを説明。また当日は同機構や参加者による情報交換なども予定している。

申し込みは、事前アンケートへ回答した上で、回答後に表示されるフォーマットに従ってメールで行う。先着順での受け付けとなり、締め切りは9月25日正午。詳細は同機構のウェブサイトから。

(Security NEXT - 2017/09/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「VMware Workstation」「Fusion」に深刻な脆弱性 - 「Spectre」緩和策と同時に修正
VMware、「Spectre」対策で「VMware ESXi」などにパッチ提供
データベース管理ツール「phpMyAdmin」に深刻な脆弱性
PHPにセキュリティアップデート、7.0系のアクティブサポートが終了 - セキュリティサポートも12月3日まで
なくならない「WannaCrypt」の検出 - 国内で少なくとも1900台が脆弱性を放置か
「ESXi」「Workstation」などにゲストOS向けの「Spectre」緩和策
インテリア通販サイトに不正アクセス - クレカなど個人情報が流出
アーカイバ「Lhaplus」に脆弱性、意図しないファイルが生成されるおそれ
EGセキュアら、「無線LAN脆弱性診断サービス」を提供開始
「vRealize Operations」や「Workstation」などVMwareの複数製品に脆弱性