Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

重要インフラのセキュリティ確保に向けたシンポジウム

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と内閣府は、「SIP/重要インフラ等におけるサイバーセキュリティの確保 シンポジウム2017」を、10月13日に都内で開催する。

同シンポジウムは、重要インフラにおけるサイバーセキュリティの確保に向けた研究開発の促進を目的としたイベント。

講演では、最新の研究成果を紹介するほか、重要インフラ事業者である東京電力グループの取り組みや海外の動向などを解説。また、展示やポスターセッションも予定されている。

会場はベルサール神田。参加費は無料で、事前に申し込みが必要。申し込み期限は10月6日。定員は250人で先着順で受け付け、定員となり次第、締め切りとなる。イベントの詳細や申し込みは、同機構のページから。

20170913_nd_001.jpg
シンポジムのプログラム(表:NEDO)

(Security NEXT - 2017/09/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ゲーム形式のサイバー攻撃対策演習サービスに「銀行版」 - カスペ
PSK利用のWi-Fiが退職者の不正侵入口となったケースも - PwC-CSがリスク評価サービス
政府、重要インフラの安全基準に関する指針改訂でパブコメ実施
NICTやPwC-CSら、重要インフラのサイバー攻撃対策技術で共同研究
仮想ネットワークより10Gbpsの全通信データを取得する新技術 - NEDOと富士通
制御システム安全装置狙う「Triton」を検知 - 大規模攻撃の準備段階で失敗か
重要インフラ13分野の横断的サイバー演習 - 2600人が参加予定
Darktrace、ICSや重要インフラの脅威検知に注力
日立とNEDO、多層的な監査で異常検知する新技術 - 制御システム向けに提供
制御システム利用事業者向けにリスク分析ガイド - IPA