Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IIJ製ルータに「IPSec」が一時的に利用不可となる脆弱性

インターネットイニシアティブの「SEILシリーズ」に、特定パケットを受信すると暗号化通信を一時的に利用できなくなる脆弱性が含まれていることが判明した。

同シリーズの「IPsec」において、特定のIKEパケットを受信すると、暗号化通信の機能が一時的にサービス拒否に陥るおそれがある脆弱性「CVE-2017-10856」が判明したもの。

「SEIL/x86 Fuji」「SEIL/X1」「SEIL/X2」「SEIL/B1」において、フロートリンクによる「IPsec-VPN」を構築し、NATによるリモートアドレスの書き換えの検知を行っている場合に、同脆弱性の影響を受けるとしている。

同脆弱性の判明を受け、同社では各製品向けに脆弱性を解消したファームウェア「バージョン5.73」をリリース。同社ウェブサイトやJVNを通じて注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/09/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Apache Tomcat」にリソース枯渇のおそれ - アップデートで修正
Apple、「AirMac」向けファームウェアを公開 - 脆弱性8件に対処
「Firefox」がわずか2日で再度アップデート - サンドボックス回避の脆弱性を修正
ゼロデイ攻撃発生中の脆弱性へ対処した「Firefox 67.0.3」がリリース
Android向け「Outlook」にXSS攻撃が可能となる脆弱性
「BIND 9」にリモートより悪用可能な脆弱性 - アップデートが公開
「WebLogic」に深刻な脆弱性、リモートよりコード実行のおそれ - 4月の修正とは異なる脆弱性
「Samba」に複数の脆弱性 - サービス拒否のおそれ
LINE海外法人の求人サイトに脆弱性、外部報告で判明 - 調査以外の形跡確認されず
MTA「Exim」に対する攻撃が拡大 - 脆弱なサーバは360万台以上稼働か