Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「7日以内に更新しないと永久に削除」と脅す偽Amazonのメールに注意

フィッシング対策協議会は、オンラインショッピングサイトの「Amazon」を装うフィッシング攻撃が発生しているとして注意喚起を行った。

20170911_ap_001.jpg
誘導先のフィッシングサイト(画像:フィ対協)

問題のメールは、利用者に対する注意喚起を偽装。「すぐお支払い情報を更新する必要があります」といった件名で送信されていた。

メールの本文では、アカウントの確認が必要となっており、サービスが中断されているなどとだまし、本文に記載したURLよりフィッシングサイトへ誘導する。

さらに「7日以内にサービスを更新しないと、サービスは永久に削除されます。その後、データを回復することはできません」などと記載し、不安を煽っていた。

9月11日の時点でフィッシングサイトが稼働中のため、同協議会では、JPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼。今後類似した攻撃も含め、注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/09/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

10月のマルウェアメール、7カ月ぶりに減少 - 新種マルウェア5000万件割る
「会員情報変更」を装う偽楽天メール、11月6日ごろより増加
偽bitFlyerによるフィッシング攻撃 - 「アカウント凍結」で不安煽る
10月のフィッシング報告は982件 - 「Apple」関連が7割
LINEを装う「雑な」フィッシング攻撃が発生
「アカウントで利用規約違反」と不安煽る偽Amazonに注意
Apple装うフィッシングが再発 - 「Apple IDをロック」とだます手口
マルウェア感染メールの割合が6カ月連続増加 - 「Locky」の拡散も
2017年3Q、「ウェブ改ざん」が大幅減 - 「フィッシング」「マルウェアサイト」は増加
「Apple IDが10月13日に失効」と不安煽るフィッシング攻撃に注意