Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュアなアプリの開発を支援するソリューション - オージス総研

オージス総研は、アプリケーションに脆弱性を作り込まないソフトウェア開発を支援する「アプリケーションセキュリティソリューション」を提供開始した。

同ソリューションは、アプリケーション開発のライフサイクルにおいて、構築段階で脆弱性を作り込まないよう支援するもので、コンサルティングサービスやツールを提供する。

コンサルティングでは、セキュリティ対策の現状分析を実施。セキュリティを踏まえた開発ガイドラインの策定支援やセキュア要件定義、脅威分析、セキュア設計レビュー、リスクベーステスト計画などをサポート。OWASPが開発したソフトウェアセキュリティ保証成熟度モデル(SAMM)の適用支援も行う。

またバグや脆弱性を検知できるソースコード静的解析ツールや、アプリケーションに含まれるオープンソースソフトウェアに対し、ライセンスの状態や脆弱性を自動検出するツールを提供する。

(Security NEXT - 2017/09/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

トレンド、サーバ向け製品の新版 - コンテナ間の攻撃検知に対応
イエラエとNDIAS、自動車のセキュリティ評価技術を共同開発
あらたなセキュリティ認定資格のトレーニングを提供 - CompTIA
サプライチェーンリスク診断など8サービスをリリース - ソリトン
制御システムのセキュリティ規格「IEC62443」への準拠を支援 - マクニカ
制御システム向けにリスク評価サービス - BBSecとテリロジー
EC-CUBE向けの簡易脆弱性診断を無償提供 - SHIFT SECURITY
2020年11月サポート終了の「CentOS 6」向けに独自パッチサービス
サイバートラストら、ドローンの脆弱性洗い出しサービス
ドコモとトレンド、IaaS基盤のIoTデバイス保護で新メニュー