Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュアなアプリの開発を支援するソリューション - オージス総研

オージス総研は、アプリケーションに脆弱性を作り込まないソフトウェア開発を支援する「アプリケーションセキュリティソリューション」を提供開始した。

同ソリューションは、アプリケーション開発のライフサイクルにおいて、構築段階で脆弱性を作り込まないよう支援するもので、コンサルティングサービスやツールを提供する。

コンサルティングでは、セキュリティ対策の現状分析を実施。セキュリティを踏まえた開発ガイドラインの策定支援やセキュア要件定義、脅威分析、セキュア設計レビュー、リスクベーステスト計画などをサポート。OWASPが開発したソフトウェアセキュリティ保証成熟度モデル(SAMM)の適用支援も行う。

またバグや脆弱性を検知できるソースコード静的解析ツールや、アプリケーションに含まれるオープンソースソフトウェアに対し、ライセンスの状態や脆弱性を自動検出するツールを提供する。

(Security NEXT - 2017/09/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Androidアプリの脆弱性診断、ソニーDNAがラックに譲渡
信金向けにサイト脆弱性診断 - SOMPOリスクマネジメント
ランサム「Yatron」「FortuneCrypt」の復号化ツールが公開
CVSSとPoC公開状況から利用OSSへの影響を評価するSaaS - ビズリーチ
コンテナイメージのリスクを可視化する製品 - トレンド
カスペ、法人向けエンドポイント製品に新版 - アプリ異常動作を検知
ウェブアプリ脆弱性検査ツールに上位版 - 「ブラインドSQLi」や「XXE」に対応
トレンド、サーバ向け製品の新版 - コンテナ間の攻撃検知に対応
イエラエとNDIAS、自動車のセキュリティ評価技術を共同開発
あらたなセキュリティ認定資格のトレーニングを提供 - CompTIA