Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュアなアプリの開発を支援するソリューション - オージス総研

オージス総研は、アプリケーションに脆弱性を作り込まないソフトウェア開発を支援する「アプリケーションセキュリティソリューション」を提供開始した。

同ソリューションは、アプリケーション開発のライフサイクルにおいて、構築段階で脆弱性を作り込まないよう支援するもので、コンサルティングサービスやツールを提供する。

コンサルティングでは、セキュリティ対策の現状分析を実施。セキュリティを踏まえた開発ガイドラインの策定支援やセキュア要件定義、脅威分析、セキュア設計レビュー、リスクベーステスト計画などをサポート。OWASPが開発したソフトウェアセキュリティ保証成熟度モデル(SAMM)の適用支援も行う。

またバグや脆弱性を検知できるソースコード静的解析ツールや、アプリケーションに含まれるオープンソースソフトウェアに対し、ライセンスの状態や脆弱性を自動検出するツールを提供する。

(Security NEXT - 2017/09/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ハンモック、IT管理ソフトの新版 - レポート機能を強化
SBTら3社、オフィスビルへのサイバー攻撃を想定した実証実験 - IoT機器の脆弱性診断を実施
Avast、Mac向けセキュリティ対策ソフトの新版 - ランサム対策追加
シマンテック、エンドポイントに「おとり機能」を追加 - 複数のEDRオプションも
NEC、自社の脆弱性管理ノウハウを活用したクラウドサービスなど提供
PFU、不正端末検知製品を強化 - マルウェア検知機能など追加
ハンモック、「AssetView」に新版 - カスペの振舞検知機能を提供
ノートン新版が登場 - 「ドラえもん」のような存在目指す
バリオセキュア、ウェブのセキュリティ診断サービスを開始
カスペ、コンシューマー向け製品に新版 - OS再起動時の感染を防止