Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2要素認証のコードも窃取するフィッシング - SMSをきっかけに

オンラインバンキング利用者を狙うフィッシング攻撃で、本人確認を装い、さらに2要素認証のアクセスコードについても要求する手口が発生している。

20170818_mf_001.jpg

米McAfeeが、米国においてオンラインバンキング利用者を対象としたフィッシング攻撃を確認したもの。

「銀行口座を閉鎖する」といった内容のSMSを携帯電話の利用者へ送信し、不安を煽るいわゆる「スミッシング」攻撃で、受信者に不信感を抱かせないよう、ショートメッセージには金融機関の名称が埋め込まれたURLを利用してフィッシングサイトへ誘導していた。

偽サイトでは、米国におけるマネーロンダリング対策の本人確認手続きである「Customer Identification Program(CIP)」を模倣しており、個人情報を要求する。

(Security NEXT - 2017/08/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

MS 365のメール脅威を30日間可視化する無償サービス
フィッシングサイト、1カ月で5481件 - 報告数とともに最多記録を更新
SMS認証に入力画面の判別機能 - PayPay
警察庁装うフィッシング攻撃に注意 - SMSで偽サイトに誘導
「au」装うフィッシング攻撃に注意 - 「不正デバイスを検出」と不安煽る
「エポスカード」のフィッシング - 無関係の他社URL記載するミス
「不安の煽り」が弱い地味なフィッシングメールに注意
2019年のフィッシング報告は約5.6万件 - 前年の2.8倍に
事業者やネット利用者向けのフィッシングGLを改定 - フィ対協
フィッシングURL件数、5月も4000件台と高水準 - 報告件数は1.4万件超に