Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Adobe Acrobat/Reader」が脆弱性67件を修正 - 43件が「クリティカル」

Adobe Systemsは、先の予告通り、複数の深刻な脆弱性へ対処した「Adobe Acrobat」「Adobe Reader」向けのアップデートを公開した。

今回のアップデートは、メモリ破壊やヒープオーバーフロー、型の取り違え、セキュリティ機能のバイパス、解放済みメモリへのアクセスなど、あわせて67件の脆弱性へ対処したもの。脆弱性を悪用されると、リモートでコードを実行され、制御を奪われる可能性や、情報漏洩が発生するおそれがある。

重要度が3段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とレーティングされている脆弱性43件を修正したほか、重要度が1段階低い「重要(Important)」の脆弱性24件を修正した。いずれも悪用は確認されていないという。

同社では、「同DC」の「Continuous(連続トラック)」向けに「同2017.012.20093」、「Classic(クラシックトラック)」向けに「同2015.006.30352」を提供。「同2017」に対して「同2017.011.30059」を、「同XI」向けに「11.0.21」をリリースした。

適用優先度については、いずれも3段階中2番目にあたる「2」とし、30日以内を目安にアップデートするよう推奨している。

(Security NEXT - 2017/08/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

一部MSアプリで「OAuth」設定に不備 - アカウント奪取のおそれ
「Firefox 71」が登場、脆弱性11件を修正
資産管理製品「LanScope」に権限昇格の脆弱性
パッチ公開翌日から「PHP-FPM」への攻撃を観測 - PHP環境の情報収集も
WP向けスペルチェックプラグインにCSRFの脆弱性
「BlueKeep」など既知RDP脆弱性狙う攻撃に注意 - パッチ適用の徹底を
ワーム悪用懸念の脆弱性を含む端末が95万台弱
「WhatsApp」だけではない、Android向けGIF処理ライブラリの脆弱性に注意
トレンドマイクロ「Deep Security」など複数製品に脆弱性
WordPress向けプラグイン「Jetpack」に脆弱性