Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、月例セキュリティ更新をリリース - 脆弱性54件を解消

マイクロソフトは、7月の月例セキュリティ更新を公開した。「Adobe Flash Player」の脆弱性を除き、CVEベースで54件の脆弱性を修正している。

今回のアップデートは、「Windows」や同社ブラウザの「Internet Explorer」「Microsoft Edge」のほか、「Office」「.NET Framework」「Exchange Server」における脆弱性を解消するプログラム。同日公開された「Adobe Flash Player」の脆弱性にも対処した。

脆弱性によって影響は異なるが、リモートよりコードを実行されるおそれがあるほか、サービス拒否、権限の昇格、情報漏洩、セキュリティ機能のバイパスなどが生じるおそれがあるという。

脆弱性の最大深刻度を見ると、4段階中もっとも高い「緊急」の脆弱性19件や、深刻度が次に高い「重要」32件が含まれており、同社では、できるだけ早くセキュリティ更新を適用するよう利用者へ呼びかけている。

お詫びと訂正:本記事初出時の記載について、脆弱性の件数に誤りがあり修正いたしました。ご迷惑をおかけした読者、関係者のみなさまにお詫びし、訂正いたします。

(Security NEXT - 2017/07/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

全日空のiOSアプリに脆弱性 - 中間者攻撃受けるおそれ
「Flash Player」狙いのゼロデイ攻撃、3カ月前から準備か - 給与関連書類を偽装、C&Cは偽求人サイト
CMSの「Zenphoto」にコード実行の脆弱性 - 最新版で修正
「BIND 9」が意図せずオープンリゾルバとなるおそれ - 設定の確認を
MS、AMDプロセッサ向けに「Spectre」緩和策を追加
「Chrome」に重要度「高」の脆弱性 - アップデートがリリース
「OpenSSL」にDoS攻撃受ける脆弱性 - 修正は次期アップデートで
MS、6月の月例パッチをリリース - 脆弱性1件が公開済み、悪用は未確認
Windows版LINEにリンクでDLL読込パスを指定できる脆弱性 - すでに修正済み
スマートデバイス向け「VMware AirWatch Agent」に深刻な脆弱性