Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

月例パッチ適用後、「Outlook」で一部添付ファイルの閲覧に不具合

マイクロソフトがリリースした6月の月例セキュリティ更新の適用後、「Outlook」においてリッチテキスト形式の添付ファイルを開けなくなる現象が確認されている。

同社によれば、セキュリティ更新プログラム 「KB3203467」を適用した「同2007」「同2010」において、リッチテキスト形式の添付ファイルが開けない現象が発生しているもの。

同現象は編集中のメールでも発生するが、メールのデータが破損することはないという。またリッチテキスト形式を利用する予定表、タスク、連絡先アイテムなども影響を受ける。

同社では、今回の問題について調査を進めており、暫定的な対処方法として、添付ファイルをデスクトップなどに保存後、開く方法を紹介。また、HTML/テキスト形式を使用することで同現象を回避できるとしている。

(Security NEXT - 2017/06/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

チケット販売サイトで他顧客情報を誤表示 - PWや秘密の質問なども
うさぎ用品の通販サイトが改ざん - 偽決済画面でカード情報詐取
造幣局の通販サイト、別の顧客情報を誤表示 - 保守時の作業ミスで
会員登録時に他顧客情報を表示 - ウェブマガ「KODE」
1月のMS月例パッチ、ファイルサーバ適用時に不具合
通販サイトで個人情報を誤表示、プログラム不具合で - ポニーキャニオン
メール誤送信で顧客のメアド流出 - マイカースポンサー
システム不具合の通知メールで誤送信、メアド流出 - 沖縄タイムス
Apple、「iOS 12.1.2」をリリース - CVE番号付与された脆弱性の修正は含まず
JALのBEC被害、ビジネスパーソン認知度は25.4% - 「漫画村」は33.5%