Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

月例パッチ適用後、「Outlook」で一部添付ファイルの閲覧に不具合

マイクロソフトがリリースした6月の月例セキュリティ更新の適用後、「Outlook」においてリッチテキスト形式の添付ファイルを開けなくなる現象が確認されている。

同社によれば、セキュリティ更新プログラム 「KB3203467」を適用した「同2007」「同2010」において、リッチテキスト形式の添付ファイルが開けない現象が発生しているもの。

同現象は編集中のメールでも発生するが、メールのデータが破損することはないという。またリッチテキスト形式を利用する予定表、タスク、連絡先アイテムなども影響を受ける。

同社では、今回の問題について調査を進めており、暫定的な対処方法として、添付ファイルをデスクトップなどに保存後、開く方法を紹介。また、HTML/テキスト形式を使用することで同現象を回避できるとしている。

(Security NEXT - 2017/06/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

特典付きCDの通販サイトで不具合 - 第三者による顧客情報閲覧のおそれ
スレーブの「BIND 9」、特定環境下で不具合 - 信頼できないゾーンの取扱時に影響
みずほ証券でシステム障害、オンライン取引やATM入出金に影響
「投稿を表示する相手」の選択肢設定に一時不具合 - Facebook
LINEで他ユーザーのタイムラインが表示される不具合 - 外部CDNの設定ミスで
一部サービスでパスワードの正誤関係なく認証可能に - NTTPC
Twitter、ハッシュ化前パスワードをログ保存 - 漏洩痕跡ないが変更検討求める
Vpassチケット、「iOS 11.3」で不具合
「認証番号」を聞かれた時どうする? 設定やシーンごとの対応策などLINEが解説
カード請求明細書の誤送付、件数が判明 - イオン銀