Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Acronis True Image」に脆弱性修正するアップデート - 問題の更新機能経由でも

バックアップソフト「Acronis True Image」の更新機能に脆弱性が見つかった問題で、Acronisは「同2017」「同2016」向けにアップデートをリリースした。

同製品において、アップデートの確認や取得を行う際、暗号化通信を行わず、ダウンロードしたデータの検証がMD5ハッシュのみである脆弱性「CVE-2017-3219」が判明したもの。CERT/CCの報告を受けて、同社ではアップデートを用意、公開したという。

脆弱性に対処したアップデートは、同社のウェブサイトから、アクロニスアカウントを利用し、脆弱性の影響を受けずに入手することが可能となっている。

セキュリティ機関でも、更新機能は利用せず、アップデートをウェブサイトより入手することを脆弱性の緩和策として挙げているが、今回脆弱性が指摘された「更新機能」経由でも、同脆弱性を修正するためのアップデートが提供されている。

同社は、脆弱性について「複数の複雑な条件を同時に実行させることが必要になるため、脅威のリスクは低い」との見解を示しており、更新機能を利用する際は、不特定多数がアクセスする公共のインターネット接続ではなく、自宅や職場などで利用することを条件にアップデート手段としてアナウンスを行っている。

(Security NEXT - 2017/06/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Cisco DNA Center」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
Adobe、「Acrobat/Reader」におけるPoC公開の脆弱性について訂正
RHELのDHCPクライアントに深刻な脆弱性 - root権限取得のおそれ
同一PDFファイルに「Acrobat/Reader」と「Windows」のゼロデイ脆弱性 - 併用で高い攻撃力
「Adobe Acrobat/Reader」脆弱性、すでに悪用ファイルが流通 - PoC公開も
「VMware NSX SD-WAN」にコマンドインジェクションの脆弱性が判明
【続報】「Adobe Acrobat/Reader」の定例外パッチが公開 - 早期適用呼びかけ
開発フレームワーク「Electron」にコード実行の脆弱性
「Photoshop CC」に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
Intel Crosswalk Projectに脆弱性 - 不正証明書を許可すると以降検証せず