Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ライン会社」名乗るフィッシング - 「アカウントが盗まれた」と不安煽る

SNSサービス「LINE」の利用者を狙ったフィッシング攻撃が確認されたとして、フィッシング対策協議会では、誤ってアカウント情報を提供しないよう注意を呼びかけている。

今回確認されたフィッシング攻撃では、「LINE変更確認」といった件名でメールが送信されており、本文では、LINEのアカウントが盗まれ、アカウントの変更申請メールがあったなどと説明する内容だった。

フィッシングメールであり、受信者に心当たりがないのは当然だが、操作を行っていない場合は、メールに記載したリンク先のページより解除作業が必要であるなどと不安を煽り、フィッシングサイトへ誘導。アカウント情報をだまし取ろうとしていた。

LINEの社名はアルファベット表記だが、攻撃者は「LINE Corporation」を翻訳したのか、メール本文の冒頭で「ライン会社」を名乗っていた。またメールの末尾にも、「リンクはずっと無応答です。翌日9時以降にもう一度試して下さい」など、不自然な表現も見られ、日本語を母国語としない攻撃者により送信されたと見られる。

フィッシング対策協議会によれば、今回のフィッシング攻撃で、3件のURLについて報告を受けているという。5月29日の時点でフィッシングサイトの稼働が確認されており、同協議会では、閉鎖に向けてJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼した。

また類似した攻撃を含め、誤ってフィッシングサイトへアカウント情報を入力しないよう、LINEの利用者へ注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/05/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2018年2Qのフィッシング攻撃は約1割増 - 国内ホストは低水準
カスペ、ハイブリッド環境を一元管理できるセキュリティ製品
大阪府警、サイバー犯罪防止のイメージキャラクターに「ロックマン」
不正DNSへ変更する「GhostDNS」、10万台以上が被害 - 70種類以上のルータが対象
9月のフィッシング報告、3割減 - ブランドの悪用被害は増加
フィッシングで複数職員がアカウントが乗っ取り被害 - 新潟大
メールアカウントがフィッシングメール送信の踏み台に - 京都教育大
7月は不正広告を表示するJavaScriptが1.7倍 - 新亜種が次々開発
「WordPress」の管理者アカウント狙うフィッシング - DB更新口実に誘導
東京オリンピックの便乗フィッシングメール、17万4000人に送信か