Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセスで顧客情報4.9万人流出の可能性 - 東商マート

業務用食材の通販サイト「東商マート」が不正アクセスを受け、クレジットカード情報含む顧客情報が流出した可能性があることがわかった。

同サイトを運営する東洋商事の親会社であるジャパン・フード&リカー・アライアンスによれば、業務用アプリケーションを東洋商事へ提供している事業者より連絡があり、4月11日に判明したもの。3月31日23時ごろから4月10日13時ごろまでの間、同サイトの管理画面に対して不正なアクセスがあり、不正アクセスに気が付いたという。

今回の不正アクセスにより、顧客4万9468件の氏名や住所、電話番号、メールアドレスが外部へ流出した可能性がある。そのなかには、4月9日21時から10日11時半までの間にカード決済を行った顧客のクレジットカード情報2件が含まれるという。

「SQLインジェクション」の脆弱性を突かれたことが原因としており、4月10日に不正アクセス元のIPアドレスをブロックした。問題あるファイルの隔離やパスワードの変更、脆弱性の修正などの対策を行ったとしている。

対象となる顧客に対しては個別に連絡するほか、問い合わせ窓口で対応する。

(Security NEXT - 2017/04/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

東商マート、顧客情報流出の調査結果を報告 - 当初可能性を大幅に下回る規模
不正アクセスで顧客情報流出の可能性 - 医療情報サービス会社
不正アクセス被害の住宅金融支援機構関連サイト、約3カ月ぶりに再開
国交省関連サイトから情報流出の可能性 - 「Struts 2」脆弱性突かれ不正プログラム設置
InterFMに不正アクセス、リスナーの個人情報が流出 - Twitter上への投稿で判明
転職情報サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
「B.LEAGUE」関連サイトへの不正アクセス、クレカ不正利用が2倍弱に
防犯カメラ129台分のパスワード含む資料を一時紛失 - 大阪市
GMO-PGが情報流出で調査報告 - 「脱Struts宣言」するも再構築まで至らず
GMO-PG、役員3名を減俸処分 - 「不正アクセスはセキュリティマネジメント体制に起因」