Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセスで顧客情報4.9万人流出の可能性 - 東商マート

業務用食材の通販サイト「東商マート」が不正アクセスを受け、クレジットカード情報含む顧客情報が流出した可能性があることがわかった。

同サイトを運営する東洋商事の親会社であるジャパン・フード&リカー・アライアンスによれば、業務用アプリケーションを東洋商事へ提供している事業者より連絡があり、4月11日に判明したもの。3月31日23時ごろから4月10日13時ごろまでの間、同サイトの管理画面に対して不正なアクセスがあり、不正アクセスに気が付いたという。

今回の不正アクセスにより、顧客4万9468件の氏名や住所、電話番号、メールアドレスが外部へ流出した可能性がある。そのなかには、4月9日21時から10日11時半までの間にカード決済を行った顧客のクレジットカード情報2件が含まれるという。

「SQLインジェクション」の脆弱性を突かれたことが原因としており、4月10日に不正アクセス元のIPアドレスをブロックした。問題あるファイルの隔離やパスワードの変更、脆弱性の修正などの対策を行ったとしている。

対象となる顧客に対しては個別に連絡するほか、問い合わせ窓口で対応する。

(Security NEXT - 2017/04/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

1月に通販サイトへ不正アクセス、クレカなど個人情報が流出 - 優生活
ぴあ受託サイトでクレカ情報流出、630万円の不正使用 - 「Struts 2」脆弱性が原因で
政府統計システムから個人情報2.3万件が流出か - 原因はStruts2脆弱性
日本語能力試験の受験者管理システムに不正アクセス - 受験者の顔写真が流出か
GMO-PG、情報流出で重複分除く件数を公表 - クレカ不正利用は未確認
フォレンジック調査で個人情報流出が確定 - GMO-PG
自転車通販ショップに不正アクセス - 顧客情報が流出の可能性
JINS通販サイトで個人情報が流出か - 「Apache Struts 2」脆弱性が再度原因に
不正アクセスによる個人情報漏洩でGMO-PGに報告を要請 - 経産省
住宅金融支援機構のクレカ情報流出、セキュリティコードはサイト利用者のみ影響